斎藤工&窪田正孝、有栖川有栖原作ドラマ化『火村英生』で探偵もの初挑戦

 

俳優の斎藤工と窪田正孝が、来年1月スタートの日本テレビ系ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(仮題/毎週日曜22:30~23:25)で共演を果たすことが28日、明らかになった。

斎藤工(撮影:江森康之)

窪田正孝

同作は、推理作家・有栖川有栖の原作で、有栖川本人の役柄が作品に登場するという本格ミステリー。殺人現場に快楽を求めるという犯罪学者・火村英生(斎藤)と、その捜査を観察しながら、危なげな火村の保護者を自認する推理作家・アリス(窪田)が、コンビを組んで、美しいロジックで事件を解決していく姿を描く。

初めて探偵ものに挑む斎藤は「自分の人生の中で経験してきたことや、身についた"なにか"を役にぶつけて、どこか特徴的でオリジナリティのあるキャラクターにしたい」と意気込み。コンビを組む窪田については「彼とバディを組むということで、大変楽しみでもありますし、今の彼と組むことで生まれる化学反応を、しっかり作品に宿したいと思っています」と期待と語る。

一方の窪田も、探偵ものは初挑戦。「火村英生との距離感が大切だと感じました」と役柄についての印象を語りながら、「関西弁は頑張りどころのひとつと受け止めています(笑)」とセリフの方言にも力を入れて取り組んでいく姿勢を示した。斎藤との共演については「相方のような形でご一緒させていただくのは初めてなので、ワクワクしています」と、こちらも楽しみにしているようだ。

原作の有栖川有栖は、このコンビを「面倒くさいところも多々ある2人」と表現し、斎藤と窪田に「どうかよろしくお願いします」と自ら生み出したキャラクターを託した。戸田一也プロデューサーは「いま世間の注目を一身に浴びている斎藤工さん、窪田正孝さんに、火村とアリスを演じていただけることは、まさに奇跡!」と名コンビの誕生を予告している。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

サイコム、水冷仕様のGeForce GTX 1070を標準搭載したFF14推奨ゲーミングPC
[15:32 7/26] パソコン
夫婦のLINE 第126回 「困るんだよ君ィ」
[15:30 7/26] ライフスタイル
Telit、半導体製造関連設備を準リアルタイムで管理できるポータルサービス
[15:29 7/26] テクノロジー
武井咲、『ほん怖』で主役の看護師に - バカリズムもホラー初主演で登場
[15:17 7/26] エンタメ
[チェインクロニクル]人気スマホRPGがテレビアニメ化 全3章の「上映版」も
[15:15 7/26] ホビー

本音ランキング