ビートたけし、コマネチ連発の大サービス! ギャグも絶好調で300人爆笑

 

お笑いタレントのビートたけしが27日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた第28回東京国際映画祭の特別招待作品『劇場版 MOZU』(11月7日)のトークイベントに出席した。

コマネチを披露するビートたけし

劇場版で、すべての事件の黒幕である"ダルマ"を演じるたけしは、開口一番「どうもこんばんは、福山雅治です」とあいさつ。「いろんな女に手を出しちゃったんですけどついに結婚することになり、アミューズの株が40%とも落ちたという…申し訳ありません」とブラックジョークで沸かせた。そして、出演を決意した理由を聞かれると「なんだかわからないけど怖い偉いやつだって聞いて、お金くれるんだらやるよって。ただ寝てるだけで、特殊メイクでだれだかわからないというので、まいっかと」と答えた。

また、炎に囲まれるシーンで「なんでCGじゃないんだ」と不満を漏らしたことを明かし、「顔が全部メイクで覆われていてただでさえ熱いのに、周りが火。チャーシュー作ったあとにラーメンに入れられたみたいな異常な状態」と過酷さを説明。「また監督が粘る。もういいだろうと思っても、もう1回って。安いソープの客みたいにしつこい」と顔をしかめるも、「あの粘り方はいい勉強になった。思った映像を撮るためには粘るのが一番だと」と監督として学ぶべきものがあったようだ。

映画の魅力もしっかり紹介。「勧善懲悪みたいな悪と正義みたいな映画じゃなくて、どちらの立場になるとどうなるかっていうのが計算されている」と言い、「ある人にとっては謎解きが楽しいし、ある人にとっては視覚のアクションが楽しい。西島くんがかっこいいという人もいる。いろんな要素を持っている」と真剣に伝えた。

最後はまたたけし節が炸裂。「(同作を)DVDで友達と見たんですけど、その友達のがんが治り、友達の逃げた女房が帰ってきたり、宝くじを拾って当たったり、いいことばかり。元旦の明治神宮よりご利益があります。3回見た人は会社のランクが課長から社長になるくらい効力があります」と冗談交じりに話し、共演者も観客も大爆笑。ファンをバックにしての記念撮影の際には、コマネチを連発して会場を沸かせた。

たけしの起用について、羽住英一郎監督は「劇場版をやるならダルマはたけしさんしかいない」とドラマシリーズの撮影をしている時に西島たちと話していたことを明かし、「たけしさんが出ていただけなければダルマをメインにするのはやめようと思っていたんですが、出ていただけるというこどで、がっつりダルマと向き合いました」とたけしありきの"ダルマ"だったと語った。

イベントには、ビートたけし、羽住英一郎監督のほか、ドラマ版からのメンバーである主演の西島秀俊、香川照之、真木よう子、池松壮亮、杉咲花、劇場版からの参加となる伊勢谷友介、松坂桃李も登場した。

前列左から真木よう子、西島秀俊、ビートたけし、伊勢谷友介、後列左から羽住英一郎監督、池松壮亮、香川照之、松坂桃李、杉咲花

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア

本音ランキング