プロに教えてもらいました - ワイシャツの正しいアイロンがけ【タック編】

ワイシャツの見栄えを大きく左右するのがタックです。しっかりと折り目がついて仕上がっているのといないのとでは、旦那さんの "デキる人に見える度" に大きな差!?が生まれます。背中の両端にある場合とセンターにある場合の正しいアイロンのかけ方をお伝えします。

やり方 (背中の両端にタックがある場合)

タックがある部分とワイシャツの下の部分を押さえて軽く引っ張ります。

すると、タックの延長線が自ずと出てくるので、この線に沿わせるような感じで、ワイシャツの下側から上に向かってアイロンをかけます。

同様に、反対側のタックにもアイロンをかけたら完了です。

やり方 (背中の中央にタックがある場合)

ワイシャツを裏返しにし、タックの幅が均等になるように、下側をつまんで押さえます。上部を引っ張りながらタックの線を作りましょう。

下側をアイロンで押さえながら上部を引っ張りつつ、下側から上に向けてアイロンをかけます。

こうするとキレイにタックが仕上がります。

プロに教えてもらいました - ワイシャツの正しいアイロンがけ【タック編】

教えてくれたのは……

田辺明敏さん

田辺クリーニング 二代目店主。クリーニング一筋30年以上。専用の工場もあり、技術に定評がある埼玉県のクリーニング店を経営。地元商工会の洗濯講座などのセミナー講師も担当している。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

人気記事

一覧

2017年8月21日の運勢

イチオシ記事

新着記事