IDT、低レイテンシのコンピューティングプラットフォームを発表

 

IDTは、低レイテンシのコンピューティング性能を備え、ネットワークエッジでリアルタイムのビッグデータ解析とディープラーニングを実現する、ヘテロジニアスなモバイルエッジコンピューティングプラットフォームを同社のオープンハイパフォーマンス解析/コンピューティング(HPAC)ラボが開発したと発表した。

同プラットフォームは、すでに量産出荷中の各種モジュールを活用するもので、NVIDIA、Prodrive Technologies、およびConcurrent Technologiesの技術と各社とのコラボレーションを基盤としている。具体的には、1Uフォームファクタのサーバをベースとしており、NVIDIA Tegra K1プロセッサとx86 CPUによるヘテロジニアスコンピューティングを採用。各コンピューティング要素は、RapidIOファブリックテクノロジーにより、約100nsのスイッチングレイテンシで20Gbpsポートを介して接続されている。また、次世代バージョンでは、RapidIO 10xNテクノロジーにより、50Gbpsまで加速する予定だという。

5台の1Uシステムを1つのメッシュネットワークに統合することが可能で、Tegraプロセッサを利用して最大60TFlopsのコンピューティング能力をサポートでき、業界標準のデータセンターラック内で最大40台の1Uシステムを接続することで、最大500TFlopsのコンピューティング能力を実現できるという。

なお、同プラットフォームの最初の製品は、GPU技術とx86技術に焦点を当てられており、ARMやDSP、FPGA、PowerPCなどをベースとする他のバージョンも現在開発中だという。

モバイルエッジコンピューティングプラットフォームに用いられているRapidIOチップのイメージ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ