ティントリ、Cinder driverによるOpenStackのサポートを開始

 

ティントリジャパンは10月22日、仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」においてCinder driverによるOpenStackのサポートを開始した。これにより、仮想・物理のインスタンスに対し、ブロックストレージ機能を提供するCinderボリュームにおいて、サーバー/ネットワーク/ストレージの稼働状況を見える化し、ボトルネックを瞬時に特定することが可能となった。なお、同サポートはTintri OSに含まれており、Tintri VMstoreを利用している場合は無償で提供される。

Tintri OpenStackサポートのアーキテクチャ

Tintri VMstoreは独自のアーキテクチャで仮想マシン(VM)単位でデータレーンを確保し、それぞれのアプリケーションのI/Oを最適化することで常にシステム全体を安定稼働させることができるが、同サポートの開始により既存のハイパーバイザー環境にCinderボリュームを追加し、同じ管理コンソールで複数のハイパーバイザーも合わせて一元的に管理する。

複数のハイパーバイザーとOpenStack混在環境における管理の一元化

また、OpenStack環境で専用ストレージを導入する場合、コスト面で難しい状況があるものの、すでにTintri VMstoreを仮想環境で利用している顧客はストレージ筐体内で未使用の領域をOpenStack向けに利用することができる。そのため、1つのストレージ筐体でVMwareやMicrosoftHyper-V、Red Hat Enterprise Virtualizationに加え、OpenStack Cinderの複雑な混在環境下でもユーザー・インタフェースにてVM単位での稼働状況のリアルタイム解析を行うことが可能だ。

OpenStackサポートの環境はTintri OSがTintri4.0以上で、NFSはNova、Cinder、Glanceにおいてドライバをサポートし、見える化の粒度はCinder VMならびにCinderボリューム単位、サポートするディストリビューションがRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(RHEL-OSP) 6.0/VMware Integrated OpenStack(VIO) 1.0、Tintri Cinder driverの機能はクローニング、スナップショット、プロビジョニングとなる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表
[12:25 9/28] スマホとデジタル家電
ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表
[12:14 9/28] テクノロジー
Apple Watch Series 2とiPhone 7 Plusで、ニューヨークの街を歩いてきた - 松村太郎のApple深読み・先読み
[12:14 9/28] スマホとデジタル家電
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (11) イベントの扱い方
[12:00 9/28] 企業IT
坂上忍、怒りキャラとしての覚悟「言うからには結果も出す」- 今後のキャリアプランも
[12:00 9/28] エンタメ