米Intel、超小型モジュール「Curie」搭載の開発ボードを30ドルで2016年発売

 

米Intelは16日(ローマ時間)、「CES 2015」で発表された、ボタン大の低消費電力小型モジュール「Intel Curie」を搭載した、小型開発ボード「Arduino 101」を発表した。

Arduino 101

2015年1月に米・ラスベガスで開催された「CES 2015」で、"ウェアラブルデバイス向け"として発表されたボタン大のモジュール「Intel Curie」を搭載した小型ボード。32bitの「Intel Quark」マイクロコントローラーや、384kBのフラッシュメモリ、80kBのSRAM、Bluetooth LE、加速度やジャイロを含む6軸センサーを搭載する。エントリーレベルのmakerや、教育機関向け用途を想定。電子機器やプログラミングの基礎の学習に適するとする。

米国での販売は2016年第1四半期を予定。希望小売価格は30ドル(約3,600円)。米国外では「Genuino 101」ブランドで展開する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ