ホンダ、マーシャル諸島共和国でEVと太陽光発電対応AC普通充電器の実証実験

 

本田技研工業(ホンダ)は10月19日、マーシャル諸島共和国において電気自動車「フィットEV」と太陽光発電に対応したAC普通充電器「Honda Power Charger」を導入した社会実証実験を同日より開始すると発表した。

マーシャル諸島共和国は、エネルギーをほぼ輸入に頼っており、調達の自前化や輸送費用を含めたコストの軽減が課題になっている。また、海面上昇の影響を受けやすいことから、CO2排出量の低減にも注力する必要がある。

実証実験は2017年9月まで行う予定で、フィットEVとHonda Power Chargerを導入することで、マーシャル諸島共和国における電動化モビリティの普及および充電関連インフラの整備の可能性を検証し、同国のエネルギー自給などの課題解決につなげることを目的としている。

同社は「本プロジェクトの目標を達成し、グローバルなショーケースになることを目指し、マーシャル諸島共和国政府と協力して進めていきます」とコメントしている。

フィットEVとHonda Power Charger



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ICONIQ改め伊藤ゆみ、グラビア初挑戦! 大胆ヌードで美ボディ披露
[16:08 8/29] エンタメ
島津製作所、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
[16:00 8/29] テクノロジー
東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する「常温溶融水和物」を発見
[15:46 8/29] テクノロジー
現在の収入に「満足」48.1% - 資産・貯蓄に「不満」は過半数
[15:43 8/29] マネー
三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC
[15:43 8/29] 企業IT