ミニ四駆ファンの夢が現実に、1/1実車版「エアロ アバンテ」ついに完成

 

模型メーカーのタミヤは18日、都内の「MEGA WEB」特設コースにて、「1/1ミニ四駆 実車版『エアロ アバンテ』」を公開した。

「1/1ミニ四駆 実車版『エアロアバンテ』」

実車版「エアロ アバンテ」は、1980年代後半から90年代後半にかけて社会現象を巻き起こしたおもちゃ「ミニ四駆」シリーズの人気車種を本物の自動車サイズで作り、ドライバーがコクピットに入り運転し走行することをゴールに企画されたプロジェクト「1/1ミニ四駆 実車化プロジェクト」として製作。完成までには6カ月を要している。これまでにもイベントなどでミニ四駆の実車化は行われていたが、今回は「クルマづくり・ものづくりのプロフェッショナルの手で"本物のレーシングカー"として作り上げる」ことを目指した。

車両スペックは、前後バンパーを含むと4.65m×2.8m×1.44m(全長×全幅×全高)、ボディ全長4.15m、最低地上高0.15mで、1人乗り。4ストローク強制空冷水平対向4気筒 OHV 1,600ccエンジンを搭載し、最高時速は180km/hに及ぶという。ボディはカーボンファイバーなどを用いたFRP製で、前後のバンパーにはミニ四駆でコーナーリングする際に使用する「ベアリング」も実車サイズで再現している。

同日、同会場ではミニ四駆の日本チャンピオンを決める「ミニ四駆ジャパンカップ2015 チャンピオン決定戦」を開催。実車版「エアロ アバンテ」はオープニングイベントの一環としてその走りを披露し、その後は会場に展示され、多くのミニ四駆ファンの注目を集めた。

実車版「エアロ アバンテ」

ミニ四駆「エアロ アバンテ」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ゼーガペインADP』、10/15上映! 入場者特典&初日舞台挨拶情報を公開
[19:10 9/29] ホビー
小麦・卵・ナッツ類不使用! 「尾西のライスクッキーいちご味」発売
[19:03 9/29] ヘルスケア
ZOTAC、水冷システム対応のGeForce GTX 1080搭載カード - 税別約11万円前後
[19:01 9/29] パソコン
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」
[18:51 9/29] エンタメ
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」
[18:44 9/29] エンタメ

本音ランキング