テレ朝小川彩佳アナ『報ステ』では見せないロックな衣装で「顔が真っ赤に」

テレビ朝日の女性アナウンサーが17日、東京・六本木の同局本社内で行われた「テレビ朝日アナウンサー2016年カレンダー」の発売記念イベントに登場。小川彩佳アナウンサーは、普段とは違うロックなイメージでの撮影を「顔がすぐ真っ赤になってしまうんです」と恥ずかしそうに振り返った。

(左から) 松尾由美子アナ、小川彩佳アナ、池谷麻依アナ、矢島悠子アナ

今年のカレンダー製作でチーフを担当した、矢島悠子アナは、イベントのトークショーで、今回のコンセプトを「"よりカッコよく・より美しく"を追求しました」と紹介。「にっこり笑顔のページばかりでなく、クールな印象の写真も多く取り入れました」と説明しながら、観覧客とともに、1枚ずつ中身を見ていった。

ページをめくるごとに、会場からは大きな反応が。3月を担当した松尾由美子アナは、部屋着風癒やし系ショットに「(私の写真)大丈夫でしょうか…?」と不安に問いかけたが、観覧客からは大きな拍手がわき起こった。また、今年入社の新人女子アナ3人(紀真耶、池谷麻依、田中萌アナ)の10月のページでは、池谷アナが「人生初のグリーンの洋服を着ました!」と初々しく感想を語った。

そして、12月の小川アナは、赤いレザージャケットを羽織って、力強い目線でこちらを見つめるという、普段キャスターを務める『報道ステーション』ではお目にかかれない、ロックなイメージのショット。これには会場からも驚きの声が上がったが、小川アナは慣れない姿での撮影を思い出しながら赤面していた。

卓上型表紙

壁掛け型表紙

松尾アナ(3月)

新人アナ(10月)

小川アナ(12月)

イベントではアナウンサーへの「質問コーナー」も実施。「アナウンサーにならなかったら何になりたかったか?」という質問に、新人の池谷アナは「動物園の飼育員」と答えるも、「好きな動物は?」と聞かれると「猫」と答え、ほかのアナウンサーから「それは動物園にいないのでは?」と総ツッコミを入れられるという、天然ぶりを発揮していた。

「テレビ朝日アナウンサー2016年カレンダー」に登場するアナウンサーは、本間智恵、加藤真輝子、久冨慶子、松尾由美子、八木麻紗子、森葉子、青山愛、宇佐美佑果、久保田直子、弘中綾香、宇賀なつみ、竹内由恵、田中萌、紀真耶、池谷麻依、林美沙希、山本雪乃、小川彩佳の計18人。卓上型(A6サイズ)が1,728円、壁掛け型(B3サイズ)が2,160円で、ともに、同局本社1階アトリウムや、東京駅のテレアサショップなどで、17日から発売されている。

発売記念イベントの様子

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事