AppleのResearchKitを用いた研究 - 自閉症、てんかん、メラノーマに拡大

Yoichi Yamashita  [2015/10/16]

米Appleは10月15日(現地時間)、「ResearchKit」を用いたプログラムを通じて、自閉症、てんかん、メラノーマの研究が始まったことを発表した。

ResearchKitは、医学・医療研究用のiPhoneアプリを開発するためのオープンソース・ソフトウエアフレームワークである。医学・医療研究の進歩は研究データの量が多いほど加速する。Appleは人々が身近なiPhoneを使って、プライバシーを保護しながら安全にデータを提供できる環境を整えることで、より多くの人たちから頻繁に健康状態や症状、活動状況などのデータを収集できるようにした。すでにパーキンソン病、ぜんそく、乳がん、心臓血管疾患、糖尿病などの研究にResearchKitが活用されており、Appleによると100,000人以上がプログラムに参加してデータを提供している。

自閉症研究は、デューク大学のDuke Medicineが「Autism & Beyond」というアプリを開発した。子供たちにiPhoneでビデオを見せて、その反応を前面カメラで記録し、独自のアルゴリズムで発達障害の可能性を検出する。

Autism & Beyond

てんかんには、ジョンズホプキンス大学が「EpiWatch」という医療アプリを開発した。これはApple Watchアプリを用いる。発作の兆候を感じた時に、コンプリケーションからワンタッチでEpiWatchを起動し、加速度センサーと心拍センサーでデータを記録、近親者にアラートを送信する。発作が治まるまでアプリはデータの記録を続ける。アプリはまた、薬の使用のトラッキングや副作用のスクリーニングといった管理もサポートする。

メラノーマについては、オレゴン健康科学大学がiPhoneで撮影したデジタルイメージから痣の大きさの変化とメラノーマのリスクの関係を調査し、早期の対処に役立てる。 研究参加者は痣の変化のデータを自身の医師とも直接共有して、治療に役立てることが可能。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ツクモ、特典多数の「星界神話-ASTRAL TALE-」推奨コンパクトデスクトップ
[10:00 5/30] パソコン
【連載】中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第39回 平成28年度税制改正でマイナンバーの取り扱いはどう変わったのか?
[10:00 5/30] 企業IT
【コラム】行った気になる世界遺産 第41回 1万人都市が大噴火で一夜で消滅、その後発掘された遺跡が今では世界遺産に
[09:50 5/30] 趣味
覚えやすくて強いパスワードを作る方法
[09:36 5/30] 企業IT
ミュージカル「BLEACH」一護役はDream5の高野洸、ルキア役に甲斐千尋
[09:32 5/30] ホビー

特別企画 PR