Flash Playerに21件の脆弱性、最新版のインストールを呼びかけ

 

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は14日、Adobe Flash Playerに存在する脆弱性に注意を喚起した。細工されたコンテンツをユーザーが開いた場合、Flash Playerが不正終了したり、任意のコードを実行させられたりする恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間13日、脆弱性に対処した最新版のAdobe Flash Playerを公開しており、JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

最新版のFlash Playerでは、バッファオーバーフローやメモリ破損の脆弱性など、21件の脆弱性を修正した。影響を受けるFlash Playerは下記のバージョン。

  • Adobe Flash Player 19.0.0.185およびこれ以前(Windows、Mac、Google Chrome/Microsoft Edge/IE 11/IE 10)

  • Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.241およびこれ以前

  • Adobe Flash Player for Linux 11.2.202.521およびこれ以前

Google ChromeやMicrosoft Edge、Windows 8もしくは8.1環境のInternet Explorer(IE)にインストールされているFlash Playerも影響を受けるが、各ブラウザを最新版にアップデートした場合、自動的に最新版のFlash Playerが適用される。バージョンの確認は「Adobe Flash Player:Version Information」から行える。

なお、JPCERT/CCでは、未修正の脆弱性の影響を軽減する回避策として、一時的にIEのセキュリティレベルを「高」にすることを推奨している。

脆弱性を修正したFlash Player最新版のバージョン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「働き盛り」って何歳ですか?
[11:42 8/25] シゴト
女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電