Flash Playerに21件の脆弱性、最新版のインストールを呼びかけ

 

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は14日、Adobe Flash Playerに存在する脆弱性に注意を喚起した。細工されたコンテンツをユーザーが開いた場合、Flash Playerが不正終了したり、任意のコードを実行させられたりする恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間13日、脆弱性に対処した最新版のAdobe Flash Playerを公開しており、JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

最新版のFlash Playerでは、バッファオーバーフローやメモリ破損の脆弱性など、21件の脆弱性を修正した。影響を受けるFlash Playerは下記のバージョン。

  • Adobe Flash Player 19.0.0.185およびこれ以前(Windows、Mac、Google Chrome/Microsoft Edge/IE 11/IE 10)

  • Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.241およびこれ以前

  • Adobe Flash Player for Linux 11.2.202.521およびこれ以前

Google ChromeやMicrosoft Edge、Windows 8もしくは8.1環境のInternet Explorer(IE)にインストールされているFlash Playerも影響を受けるが、各ブラウザを最新版にアップデートした場合、自動的に最新版のFlash Playerが適用される。バージョンの確認は「Adobe Flash Player:Version Information」から行える。

なお、JPCERT/CCでは、未修正の脆弱性の影響を軽減する回避策として、一時的にIEのセキュリティレベルを「高」にすることを推奨している。

脆弱性を修正したFlash Player最新版のバージョン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ベッキー、さんま&中居に「ただただ感謝」- 突然の電話出演「びつくり」
[17:31 7/24] エンタメ
J・デップと離婚調停中のA・ハード、起業家イーロン・マスクと新ロマンス!?
[17:01 7/24] エンタメ
「メディアに出れば出るほど誤解される」バンド、jealkbが本音で語る"武道館"への思い
[17:00 7/24] エンタメ
深田恭子の水着姿に「人魚みたい」「ナイスボディ」の声 - インスタ開設
[16:43 7/24] エンタメ
2016年プログラミング言語トップ21が発表、1位は昨年と同様
[16:30 7/24] 企業IT