マルチプラットフォームのセキュリティソフト「ノートン」最新版

リアクション  [2015/10/15]

シマンテックは15日、セキュリティソフト「ノートン セキュリティ」の最新版を発売した。「ノートン セキュリティ スタンダード」、「ノートン セキュリティ デラックス」、「ノートン セキュリティ プレミアム」の3モデルを用意する。価格はオープンで、店頭予想価格は3,980円(税別)から。

ノートン セキュリティ(左から、スタンダード、デラックス、プレミアム)

ノートン セキュリティ スタンダード

「ノートン セキュリティ スタンダード」は、Windows / Mac / Android / iOSの端末に対応したマルチプラットフォームのセキュリティソフト。1台の端末にインストールでき、1年間の利用期間で3,980円(税別)。対応OSは、Windows XP(SP2) / Vista(SP1) / 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.8.x以降、Android 2.3以降、iOS 7以降。

最新版では、PC起動時(ぜい弱な状態)への攻撃に対する「アグレッシブ Boot-Time 保護モード」を搭載した。「ボットネットスキャン」では、外部のネットワークとの不正な通信を検知して通知。正規のPing通信と不正なPing通信を判断し、不正な通信の場合はブロックする「Pingデータ漏えい保護」機能も搭載する。「アプリアドバイザー」では、個人情報の漏えいやポップアップ広告を表示する可能性のあるアプリをインストールする前に、警告を発する。

そのほか強化ポイントは、さまざまなアプリの動向を24時間365日チェックして脅威を検知し、無効化するなど。ウイルス駆除ツール「ノートン パワーイレイサー」もチューニングされ、危険なファイルのみを検知して駆除する。

「ノートン インサイト」機能はユーザーからのファイル情報をもとに、安全なファイルと危険なファイルを識別。「ダウンロードインサイト」と「IPアドレスインサイト」では、ファイルをダウンロードする際に、Webサイトの評価(安全性)を確認し、評価が低い場合は警告を発する。アプリをインストールする際も安全性を通知し、危険なアプリから保護する。

ノートン セキュリティ デラックス

「ノートン セキュリティ デラックス」は、3台までの端末にインストール可能。税別価格は、利用期間が1年間で6,480円、2年間で10,980円、3年間で11,880円。機能的には上記の「ノートン セキュリティ スタンダード」とほぼ共通。

ノートン セキュリティ プレミアム

「ノートン セキュリティ プレミアム」は、5台までの端末にインストール可能。税別価格は、利用期間が1年間で9,240円、2年間で13,880円、3年間で14,880円。主な機能は「ノートン セキュリティ スタンダード」と同じだが、オンラインストレージや選択したドライブへの自動バックアップ機能(暗号化対応)が追加されている。

加えて「プレミア機能」として、保護機能の監視対象が増加。動画の検索状況、デバイスの場所、モバイルアプリ、テキストメッセージなどを監視し、不適切な使用をしていないかを管理できる。活動履歴も把握可能。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 - ホンダ、新型FCVや電動スーパーカブを展示
[14:13 5/25] テクノロジー
日本、2020年から小学校でプログラミングを必修化へ
[14:12 5/25] 企業IT
健診データで心筋梗塞、脳梗塞リスクを予測 がん研究センターが簡易システム開発
[14:07 5/25] テクノロジー
DTI、iPhone 6sが月額3,600円でレンタルできる新サービス
[13:45 5/25] 携帯
ゼノンに保谷伸読み切り&「ちるらん」スピンオフ、ヤス・いがわうみこの酒企画
[13:45 5/25] ホビー

特別企画 PR