オンキヨーとパイオニア、Android搭載ハイレゾDAPを同時発表

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは10月14日、ハイレゾ音源対応のデジタルオーディオプレーヤーを発表した。オンキヨーブランドモデルが「DP-X1」、パイオニアブランドモデルが「XDR-100R」。発売は11月下旬。価格はオープンで、推定市場価格はDP-X1が69,800円前後、XDR-100Rが59,800円前後(いずれも税別)。

DP-X1

オンキヨーのDP-X1は、DACにESS社の「ES9018K2M」を2基使用。WAV/FLACは384kHz/24bitまで、DSDは11.2MHzまでの再生に対応している。アンプにもESS社の「9601K」を2基搭載。DAC以降のオーディオ回路はすべてバランス設計となっている。通常のBTLバランス駆動に加えて、Active Control GND (ACG)駆動をサポート。揺らぎを排除し、クリアかつパワフルで定位感の優れたサウンドを実現したという。

DP-X1

Android OSを動作させるCPU基板とオーディオ(DAC/アンプ)基板を完全に分離したほか、アナログ回路をスイッチング電源から離れたヘッドホンジャック周囲に集約するなど、ノイズの混入を極力排除している。

OSにはAndroid 5.1.1(Lollipop)を搭載。多彩なアプリをインストールできるほか、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」から、PCレスで音楽ファイルを購入できる。ストレージは内蔵の32GBメモリに加えて、2基のmicroSDカードスロット(それぞれ最大128GBのSDXCカードに対応)を装備。Wi-FiやBluetooth機能をサポートする。

接続端子として、2.5mm4極バランスヘッドホン端子、3.5mmステレオミニ(ライン/ヘッドホン兼用)端子、micro USB端子を装備する。対応するヘッドホンインピーダンスはバランス出力時が32~600Ω、アンバランス出力時が16~300Ω。本体サイズはW75.9×D12.7×H129mm、質量は203g。ディスプレイは4.7型。バッテリー容量は1,630mAhで、連続再生時間は最大16時間だ(96kHz/24bit FLAC再生時、アンバランス使用時)。

XDR-100R

XDR-100Rは、DP-X1に近いハードウェア構成を持つプレーヤー。DP-X1とのちがいは、DACの構成と出力端子。DP-X1はES9018K2Mをデュアル搭載しているが、XDR-100Rはシングル搭載となっている。

XDR-100R

出力端子は3.5ステレオミニ(ヘッドホン/ライン兼用)とmicro USBのみで、バランス出力には非対応。対応するヘッドホンインピーダンスは16~300Ω。本体サイズはW75.9×D13×H128.9mm、質量は198g。OSやストレージ、バッテリー容量、連続再生時間などその他の仕様についてはDP-X1とほぼ共通。カラーはブラックとシルバー。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事