マクロミル、早稲田大学と共同研究でマーケティング分野におけるデータ活用

マクロミルは10月13日、早稲田大学データサイエンス研究所と共同研究を開始することを発表した。

同研究は、「統計学及びマーケティングにおける非集計データの高次利用」がテーマとなっており、マクロミル保有の購買データならびに意識調査データをもとに「データ・サイエンスに関する教材の開発」「数理統計学・機械学習の理論並び実証研究」「消費者行動のモデル化に関する実証研究」「マーケティング実務における意思決定支援のためのデータ活用に関する研究」といった項目が実施される。

一部の研究においては、マクロミルのアナリストやリサーチャーが関わり、知見を活かすことで可能性の拡大を目指していくとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事