NEC、ハードウェアを二重化した無停止型サーバ

 

NECは、CPUやメモリなど主要なハードウェアをすべて二重化し、システム停止のリスクを低減した無停止型サーバ「Express 5800/ftサーバ」の新製品2機種を10月13日から販売すると発表した。価格は、236万9,000円~(税別)。

Express5800/R320e-M4

販売されるのは、「Express5800/R320e-M4」と「Express5800/R320e-E4」の2機種。

新製品は、最大12コアの最新CPUの搭載により、処理性能を従来機比20%向上させたほか、16GbpsのFCや12GbpsのSASの対応により、外部ストレージへの転送速度を従来機比最大2倍に高速化した。

また、サーバ1台当たりの運用可能な仮想サーバ数を従来機比1.2倍に拡大し、設置スペースや運用コストを削減している。

そのほか、冷却設計の最適化により、動作環境温度を従来モデルより5度緩和し、40度環境での動作保証を実現したほか、バックアップ装置接続用のUSBポートを搭載することで従来のテープ媒体に加え、持ち運び可能なRDXへのバックアップを可能にした。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事