知英、日本の活動支える愛猫・レオンの存在「いつも話し掛けています」

元KARAで女優の知英(21)が12日、都内で冠ラジオ番組『知英の季節』(毎週水曜21:15~21:40・TOKYO FM)の公開収録を行い、愛猫・レオンくんへの思いを語った。

初の公開録音を行った女優の知英

同番組は知英がパーソナリティを務め、今年4月にスタート。今月からは、これまで火曜日だった放送曜日が水曜日に移り、放送時間も5分拡大した。この日まずは14日放送分として、マナー講師・石田紗栄子氏をゲストに招き、電話応対や名刺交換などの社会人マナーを勉強。最前列の番組特別シートに着席した12人のリスナーにオリジナル名刺を渡して、講習の成果を披露した。続けて行われた21日放送分の収録では、リスナーの仕事に関する悩み相談を受け、自身のこれまでの活動も振り返った。

初の公開収録ということもあり、緊張気味の知英。その中で、特にリラックスした表情を見せたのが今年2月生まれの愛猫・レオンくんの話題で、収録に駆けつけたファンに向けて「恋人と来た人?」と呼びかけ、「私の恋人はレオンくん。猫ちゃんと恋に落ちたんですけど、どうすればいいんですかね! 本当に!」「でもかわいくて仕方ないんですよ」と"レオン愛"を爆発。インスタグラムでレオンくん専用のアカウントを開設したことに触れ、「皆さん見てくれてますか? レオンくんのかわいい日常を上げているので、皆さん癒やされてください」と呼びかけた。

知英は昨年4月にKARAを脱退し、同年8月から活動拠点を日本に移した。『地獄先生ぬ~べ~』(14年10月~12月・日本テレビ系)を皮切りに出演したドラマや映画は、女優としての技量が試されると同時に、言葉との闘いでもあった。今年4月ごろから飼いはじめたレオンくんはそんな知英にとって大きな支えに。21日放送分の収録で、不規則な生活に悩むペットショップ勤務のリスナーには、リフレッシュの方法として「(動物に)話し掛けたら?」と提案し、「私はいつも話し掛けていますよ!」と私生活の一面を明かした。

「レオンくんはお風呂が大好きなんですよ。蓋の上が温かいのでその上に乗って寝てるんです。そこで私は一日を振り返って、いろいろ話し掛けています」と語る知英。その日の出来事やつらかったことなどの話し相手になってもらっているが、レオンくんは熟睡してしまうという。「日本に来てさびしくなった時もレオンくんがいて、人にしゃべれないことを話すことができてストレスを解消することができています」と明かし、「見てるだけでも幸せになれます」とすっかり家族の一員となったレオンくんについてうれしそうに語っていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事