MSI、水冷ユニットを備えたOC仕様のGeForce GTX 980 Ti搭載カード

 

台湾MSIは8日、GPUの冷却機構にCorsair製水冷ユニット「Hydro series H55」を採用した、NVIDIA GeForce GTX 980 Ti搭載グラフィックスカード「GTX 980Ti SEA HAWK」を数量限定で発売した。店頭予想価格は税別109,060円前後の見込み。

GTX 980Ti SEA HAWK

「Hydro series H55」は、マイクロフィンを採用した銅製ベースと高速循環ポンプ、ロープロファイルのアルミ製ラジエータを備えた水冷ユニットで、効率的なGPUの冷却を可能とするという。また、本体にはメモリや電源回路向けに空冷ファンを搭載し、カード全体を冷却する。

水冷でGPU、空冷でカードメモリや電源回路を冷却することで、通常のGeForce GTX 980 Ti搭載カードと比べ、高い周波数で動作するという。リファレンススペックでは、 ベース:1,000MHz、ブースト:1,075MHzのところ、「GTX 980Ti SEA HAWK」ではベース:1,190MHz、ブースト:1,291MHzまで動作周波数を引き上げている。また、メモリについても7,000MHzから7,096MHzまでオーバークロックしている。

このほかの仕様は、CUDAコアが2,816基、メモリが384bit接続のGDDR5 6GB、補助電源コネクタが8ピン×1、6ピン×1、TDPが250W、画面出力インタフェースがDL-DVI-I×1、HDMI 2.0×1、DisplayPort 1.2×3。

本体サイズは、カード本体がW270×D111×H40mm、ラジエータがW151×D118×H52mm。重量は全体で1,286g。MSI独自のOCソフト「AFTERBURNER」が付属する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

2016年第2四半期、iPhone出荷台数が前年同期比28.8%増 - IDC
[14:35 9/1] 企業IT
女性の自己投資、何に使ってる?
[14:35 9/1] マネー
パナソニック、転送レートTyp.50Mbpsの産業機器向けフォトカプラを製品化
[14:31 9/1] テクノロジー
アーキサイト、文字が消えない2色成形キーキャップ採用テンキー
[14:28 9/1] パソコン
田口淳之介、ソロアーティストデビュー発表 - 11月にCD発売、初イベントも
[14:25 9/1] エンタメ