松岡茉優「子供を産むって本当に奇跡」- 同世代に命の尊さ訴え

女優の松岡茉優(20)が7日、都内で行われたTBS系ドラマ『コウノドリ』(10月16日スタート/毎週金曜22:00~22:54 ※初回15分拡大)の特別試写会&舞台挨拶に、主演の綾野剛、吉田羊、星野源、大森南朋と共に出席した。

『コウノドリ』舞台挨拶に登場した松岡茉優

同作は、鈴ノ木ユウのヒューマン医療漫画を原作とするドラマ。綾野演じる、産婦人科医と天才ピアニストという2つの顔を持つ主人公・鴻鳥(こうのとり)サクラを主人公に、命が誕生する現場に関わる人たちを描く。

産婦人科研修医・下屋加江を演じる松岡は、これまでは「何歳で結婚して、子供は何人ほしくて」という話をしていたが、このドラマに携わり始めてから「軽々しくそういうことを言えなくなりました」とコメント。「子供を産むことは本当に奇跡で、まず産まれるっていうことが一つのゴールなんじゃないかって。いろいろ考えているうちに、『子供ほしいですか?』と聞かれても『はい』とは答えられなくなり、まだそんな覚悟はないということも知りました」と語った。

また、これから父親、母親になる人たちへのメッセージを求められると、「私の同世代は大学3年生や社会人になったばかりで、結婚とか出産とかあまり近くない」とした上で、「お父さんになりたい、お母さんになりたいと思っている同世代にこそこのドラマを見てもらって、子供を産むというのはどういうことなのか、ゆっくり答えを出してほしい」とメッセージ。「このドラマで一回呼吸を置いて、妊娠出産について考えてもらいたい」と願った。

サクラの研修医時代を知るベテラン助産師・小松留美子役の吉田も、「お産は手放しで喜ばしいものだというイメージから、命の危険を伴うものだということ、そして、中には悲しみや試練を伴うお産もあるということを知りました」とコメント。"周産期医療"について「各課の連携プレーがこんなにも頼もしいということを知った」と語り、「このドラマをきっかけに、そのシステムが整った病院が一軒でも多く増えることを願ってやみません」と期待した。

吉田はまた、「原作の大ファンで、小松という役が本当に好きだった」と告白。「とにかくビジュアルは似せたい」と思ったそうで、「彼女はチビの設定で背を縮めることはできないので、せめて髪型だけはということで、このお団子と前髪には命かけてこだわっています」と熱く語った。

左から吉田羊、大森南朋、綾野剛、松岡茉優、星野源

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事