ノーベル物理学賞に東大の梶田氏 - ニュートリノの質量を発見

  [2015/10/06]

スウェーデンの王立科学アカデミーは10月6日、今年のノーベル物理学賞を東京大学宇宙線研究所の梶田隆章 所長ら2名に授与すると発表した。

今回の受賞は、素粒子ニュートリノに質量があることを発見した功績によるもので、梶田所長とカナダ・クイーンズ大学のArthur B. McDonald教授の共同受賞となる。現代物理学ではニュートリノに質量はないとされていたことから、両氏の功績は世界中の研究者に大きなインパクトを与えた。

日本人のノーベル物理学賞の受賞は、名城大学の赤崎勇 教授、名古屋大学の天野浩 教授、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二 教授の3人に続いて2年連続となった。

東京大宇宙線研究所の梶田隆章 所長 (出典: 東京大学宇宙線研究所 Webサイト)



特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】トイレ用スリッパがない家に住むと病気になる!? その理由とは
[06:30 5/25] ライフスタイル
森田剛&濱田岳「身長高ければ人生違った…」と初告白
[06:00 5/25] エンタメ
前田敦子、力ずくでキス『毒島ゆり子』第6話も大胆演技を披露
[06:00 5/25] エンタメ
[武井咲]初共演の滝沢秀明と“禁断の恋” 担当は「半沢」「下町」の名物プロデューサー
[06:00 5/25] エンタメ
【レビュー】夏モデルでSIMフリーに! 絶妙な書き味のWindowsタブ「dynaPad N72/V」のLTE機能を試す
[06:00 5/25] パソコン

特別企画 PR