ノーベル物理学賞に東大の梶田氏 - ニュートリノの質量を発見

 

スウェーデンの王立科学アカデミーは10月6日、今年のノーベル物理学賞を東京大学宇宙線研究所の梶田隆章 所長ら2名に授与すると発表した。

今回の受賞は、素粒子ニュートリノに質量があることを発見した功績によるもので、梶田所長とカナダ・クイーンズ大学のArthur B. McDonald教授の共同受賞となる。現代物理学ではニュートリノに質量はないとされていたことから、両氏の功績は世界中の研究者に大きなインパクトを与えた。

日本人のノーベル物理学賞の受賞は、名城大学の赤崎勇 教授、名古屋大学の天野浩 教授、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二 教授の3人に続いて2年連続となった。

東京大宇宙線研究所の梶田隆章 所長 (出典: 東京大学宇宙線研究所 Webサイト)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] ホビー
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ
[中川翔子]ポケモン映画に10年連続でゲスト出演 「サトシの人生一人分!」の歴史に感無量
[20:37 7/24] エンタメ
[市川染五郎]「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」
[20:19 7/24] エンタメ
ハルとアキ 第46回 自信なんてないよ
[20:00 7/24] ライフスタイル