ノーベル物理学賞に東大の梶田氏 - ニュートリノの質量を発見

 

スウェーデンの王立科学アカデミーは10月6日、今年のノーベル物理学賞を東京大学宇宙線研究所の梶田隆章 所長ら2名に授与すると発表した。

今回の受賞は、素粒子ニュートリノに質量があることを発見した功績によるもので、梶田所長とカナダ・クイーンズ大学のArthur B. McDonald教授の共同受賞となる。現代物理学ではニュートリノに質量はないとされていたことから、両氏の功績は世界中の研究者に大きなインパクトを与えた。

日本人のノーベル物理学賞の受賞は、名城大学の赤崎勇 教授、名古屋大学の天野浩 教授、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二 教授の3人に続いて2年連続となった。

東京大宇宙線研究所の梶田隆章 所長 (出典: 東京大学宇宙線研究所 Webサイト)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

女性起業家を支援する都市、総合1位はNY - 東京は?
[07:30 6/29] マネー
脳神経外科医が貯蓄方法を提案! 『そのお金のムダづかい、やめられます』
[07:30 6/29] マネー
【レポート】マイカー or レンタル or シェアリング、一番お得なのは?
[07:30 6/29] マネー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第699回 殺意のベクトルを間違ってはいけない
[07:30 6/29] 趣味
正しいサイコロはどれ?自分自身で気付いていない“潜在能力”をチェック
[07:00 6/29] エンタメ