篠原涼子「偏屈な人が好き」- 役柄の江口洋介は「まさにオトナ女子」と評価

女優の篠原涼子が6日、都内で行われたフジテレビ系主演ドラマ『オトナ女子』(10月15日スタート、毎週木曜22:00~22:54 ※初回は22:00~23:09)の制作発表会見に出席し、好きな男性のタイプを「偏屈な人」と明かした。

新ドラマ『オトナ女子』に主演する篠原涼子

同作は、篠原演じる中原亜紀、吉瀬美智子演じる大崎萠子、鈴木砂羽演じる坂田みどりの「アゲマンだけど、自分は幸せになれない」という40歳の独身女性3人が、ダメ男に振り回されながらも、幸せをつかむために奮闘していく物語。一見、女性向けのストーリーと思われがちだが、篠原は「男性はこの作品を見て、ぜひ勉強していただきたいと思います」と強調する。

このダメ男たちを、周囲から偏屈者と思われている脚本家・高山文夫役として江口洋介、亜紀の会社の社長で、女遊びが激しい栗田純一役として谷原章介が演じる。会見で、江口と谷原の役柄のどちらがタイプかと問われた篠原は「私こう見えて、意外と偏屈な人が好きなんです。大人になって偏屈なことを言っている人ほど、かわいく見える。母性本能をくすぐられるんです」と、江口演じる文夫を選択。江口は「まさにオトナ女子の答えですね」と評価した。

劇中で江口は「40歳の女を女子とは言いません。女の子と書いて女子だから、せいぜい25までです」という厳しいセリフを吐くが、それにも篠原は「普通に言われるとカチンと来るんですが、江口さんが言うと、なんかやんわりするんですよね」と持ち上げ続けた。

(上段左から) 谷原章介、江口洋介 / (下段左から) 吉瀬美智子、篠原、鈴木砂羽

同じ質問に、鈴木は「谷原さんタイプでお願いします」と即答。谷原は女好きのチャラい性格だが、「私もいろんな男のところに行くからいいですよ」と付け加えた。吉瀬は悩みに悩み、「足して2で割ってもいいですかね…」と、こちらも"オトナ女子"な対応を見せた。

劇中では、3人の女子会シーンも見どころで、吉瀬が「リアルに楽しいです」と話すなど、演じる本人たちも満喫している様子。篠原が「(鈴木)砂羽さんは現場で本当に面白くて、いつも癒やされてます。本当に包容力があるんです…って言えって言われてます」と冗談を飛ばすと、鈴木は「全然一言も言ってないです!」と強く否定しながら、用意されたシャンパンを一気に飲みはじめ、会場を沸かせていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事