網戸に張り付く「庭猫」たちが写真集になって登場

パイ インターナショナルは、9月11日に写真集「庭猫」を刊行した。

「庭猫」の表紙

ある家族と猫の日常を写した写真集

「庭猫(にわねこ)」の主役は、家の庭に住みついた2匹の猫「アフ」と「サブ」で、「とうとう猫がとびました」の説明の通り、ある日から網戸にピッタリと張り付いてご飯を催促するようになったという。

庭猫の「アフ」と「サブ」、家の中で飼われる家猫「くま」、その飼い主たちの日常にカメラを向けた、全84ページの不思議な写真集だ。網戸に張り付いたり、窓から家猫を覗き込んだりと、ユーモアあふれる中にもせつなさを感じさせる猫の姿が可愛らしい。

家の中を覗き込む2匹

窓に張り付く2匹

家猫が気になる2匹

ごはんの時間

写真は全て、第2回ひとつぼ展グランプリ受賞の安彦幸枝さんの撮影によるもの。「PIE BOOKS」のWeb連載コーナーで庭に訪れる猫や旅先で出会った猫や犬などの写真を日記として連載している「どこへ行っても猫と犬」が、元となっている。価格は1,400円(税抜き)。

写真集「庭猫」の紹介ページでは、掲載写真の一部を見ることができる。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年4月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事