内野聖陽、吉本実憂の"ドS"っぷりを暴露「イジメることで快感を感じてた」

 

映画『罪の余白』の初日舞台あいさつが3日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、キャストの内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかなと大塚祐吉監督が出席した。

映画『罪の余白』の初日舞台あいさつに出席した金魚わかな、谷村美月、内野聖陽、吉本実憂、葵わかな、大塚祐吉監督(左から)

全国公開中の本作は、芦沢央の同名小説を実写化した心理サスペンス。心理学者・安藤(内野)の1人娘が、高校のベランダから転落死する。命を弄ぶ邪悪なクラスメイト・咲(吉本)に出会った安藤は、ことの真相を知って復讐を誓う――というストーリーで、声優の金魚わかなが主題歌を務めている。

主演の内野は、「色んなものを投げかけられた作品。キツイと思う方や引き込まれる方、色んな感想が出ると思う」とアピール。撮影中は、"人を傷つけるエクササイズ"と題して、大塚監督から暴言を吐かれていたそうで、「楽しんでましたね。『内野さんは何でそんなに芝居がデカいの?』とか、役と関係ないパーソナルな部分を傷つけられた」とこぼすと、大塚監督は、「女優たちにも、『芝居が下手になる専門学校にでも行ってたの?』とかヒドいことを言いました」と苦笑いで明かしていた。

一方、"悪魔"のような女子高生を演じた吉本は、「影のある役をやるのが夢だったけど難しかったです」と役どころを振り返りつつ、「こう言ったら人は傷つくんだとか、段々分かってきて楽しかったです」とニンマリ。MCから、SとMのどちらのタイプか聞かれ、「どうなんでしょう? ご想像にお任せします」と含み笑いをする吉本に、内野は「絶対Sですよ! 楽しんで演じてましたから。イジメることで快感を感じてたということは、そういう本質があるから楽しめたんだと思う」と厳しく突っ込んで笑いを誘っていた。

内野と吉本は、役柄上、撮影中にほとんど交流をしなかったそうで、「撮影の時は、吉本さんの良い所、可愛い所に触れたくなかったので敢えてしゃべりませんでした」と明かした内野は、「芯がしっかりしてる素敵な方です」とその印象を吐露。「内野さんは大先輩なので、色んなお話をしたかった」と悔やむ吉本が、「プロモーションで会うと、笑いかけてくれるのがすごくうれしい」と笑顔を見せると、「これからはいつでも話せるよ」と照れ笑いしていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

又吉直樹、髪型のせいで何度も職務質問「夜中に1人で歩いているとよく…」
[13:41 6/26] エンタメ
松本人志、小沢氏激怒の古市氏を擁護 - "逆鱗"と"イチかバチか"のお笑い論
[13:33 6/26] エンタメ
[明日のとと姉ちゃん]6月27日 第73回 常子、食糧確保に農村へ 第13週「常子、防空演習にいそしむ」
[13:00 6/26] エンタメ
和田アキ子、舛添氏「ムカつく」- 英キャメロン首相の潔さと比較
[12:55 6/26] エンタメ
【レポート】門脇麦、独特の存在感の秘密は"読解力"? 表現だけでなく、"読み込む力"が優れた女優 - 監督は語る
[12:30 6/26] エンタメ

本音ランキング