リハビリによる運動機能回復にはやる気が重要 - 生理研が脳科学的に解明

 

生理学研究所(生理研)は10月2日、脊髄損傷後のサルの運動機能回復の早期において、やる気や頑張りを司るどる脳の領域「側坐核」が、運動機能を司る「大脳皮質運動野」の活動を活性化し、運動機能の回復を支えることを脳科学的に明らかにしたと発表した。

同成果は、同研究所の西村幸男 准教授、京都大学大学院医学研究科大学院生(研究当時)の澤田真寛氏(現・滋賀県立成人病センター 脳神経外科)、理化学研究所・ライフサイエンス技術基盤研究センターの尾上浩隆グループディレクターらによるもの。詳細は米科学誌「Science」に掲載された。

これまでの研究から、患者がなんらかのリハビリを行う際、意欲を高く持つと回復効果が高く、うつ症状を発症すると、機能の回復に遅れが生じることが知られていた。しかし、実際に脳科学的に、そういった高い意欲であるやる気や頑張りといった心理状態が、運動機能の回復にどのように結びついているのかはよく分かっていなかった。

そこで研究グループは、今回、サルを用いて、やる気や頑張りを司る脳の神経核である「側坐核」を不活性化させることで、運動機能を司る「大脳皮質運動野」の神経活動がどのように変化するのかを調査。その結果、脊髄損傷後の運動機能回復の初期において、側坐核による運動野の活性化がリハビリテーションによる運動機能回復を支えていることを突き止めたとする。

また、脊髄損傷前と完全に運動機能回復した後では、側坐核の活動は大脳皮質運動野の活動や手などの運動に関与していないことも確認されたことから、研究グループでは、実際の患者のリハビリにおいては運動機能を回復させることそのものも重要だが、脳科学や心理学などに基づく心理的サポートも重要であることが示された、とコメントしている。

リハビリ時に側坐核を不活性化させると、大脳皮質運動野の神経活動が低下し、この図の場合は手の巧緻性運動に障害が見られたという

脊髄損傷後の運動機能回復初期に側坐核の活性化することで、大脳皮質運動野の活動が高まり、手の運動機能回復を促進することが見られたという

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー