新日鉄住金ソリューションズ、vCloud Air連携のシステム構築・運用サービス

 

新日鉄住金ソリューションズは10月1日、同社が提供するマネージド・クラウドサービスの「absonne(アブソンヌ)」と、VMwareのクラウドサービスである「VMware vCloud Air」によるハイブリッド環境の提供を開始した。

新サービスではabsonneとvCloud Airをインフラとしての両者の特長を生かし、構築から運用までワンストップで提供することにより、多様化するITシステムの効率を高め、企業の成長スピードに合わせたITインフラを提案していく。現状ではストレージが安く調達できることやディザスタリカバリに対するニーズがあり、製造業や不動産業、物流関連での提供拡大を図る方針だ。

またabsonneがVMwareの仮想化技術を採用していることや優れたネットワーク接続性を持つなど親和性が高く、absonneのさらなるサービス拡張を容易にしているという。同社はアマゾンウェブサービス(AWS)やIDCFクラウドなど外部のクラウド・サービスとabsonneを連携させるサービスを提供している。

今後も、SIerとして培ってきた大規模システムの構築・運用ノウハウを生かし、ユーザー企業に最適なインフラ環境や運用管理の一括サービスを提供することで、企業の高度なニーズに対応した統合的なインフラを実現していく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事