ラネクシー、ストレージクラフトのイメージバックアップソフトウェアを販売

 

ラネクシーは10月1日、ストレージクラフト テクノロジーズが開発したイメージバックアップソフトウェアのWindows向け「StorageCraft ShadowProtect SPX Cross Platform(SPX Cross Platform)」を国内販売代理店を通じて販売開始した。価格はいずれも税別でWindows Serverは1-9ライセンスで1ライセンス当たり11万7600円~、Desktopは1-19ライセンスで1ライセンス当たり1万700円~、Virtual Serverは1ライセンスパックで4万2400円~、Virtual Desktopは6ライセンスパックで2万7500円~。

SPX Cross Platformは、WindowsおよびLinux環境のクロスプラットフォームに対応しており、ストレージクラフト独自の遠隔システム監視ソリューション「ShadowControl 3.0」を組み合わせることでウェブベースによる単一コンソールにて管理下の異なるロケーションやOS(Windows/Linux)で稼働する機器のバックアップとリカバリーを設定・管理することができるため、IT管理者による作業処理の向上が図れる。

また、バックアップの状況などのステータスを遠隔一元監視できる無償のコンポーネントであるShadowControlでは、新たにVMware vCenterやMicrosoft System Centerなどの一般的なハイパーバイザー管理ツールを利用している環境に対し、StorageCraft Plug-inを使用することで直接ShadowControlを仮想環境に統合できる。

これにより、ハイパーバイザー管理コンソールから直接バックアップの管理と監視が可能となり、詳細な情報やレポート、特定のログへのアクセスが必要な場合でもクリック1つでShadowControlのウェブコンソールへ移動ができるため、仮想マシンのバックアップジョブ管理も容易に実行可能としている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ライオン・キング』実写化が決定! 監督はジョン・ファヴロー
[12:15 9/30] エンタメ
エプソンの最新スマートグラス「MOVERIO」を体験してきた - 映像が見るものから体験するものに変わる!
[12:08 9/30] スマホとデジタル家電
ブラピとアンジー、離婚申請前から家庭内別居していた
[12:03 9/30] エンタメ
椎名桔平、海外長編映画で孤高のヤクザ - 物語は任侠版『ラストサムライ』
[12:00 9/30] エンタメ
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第355回 三年間少しずつ
[12:00 9/30] 趣味