ラネクシー、ストレージクラフトのイメージバックアップソフトウェアを販売

 

ラネクシーは10月1日、ストレージクラフト テクノロジーズが開発したイメージバックアップソフトウェアのWindows向け「StorageCraft ShadowProtect SPX Cross Platform(SPX Cross Platform)」を国内販売代理店を通じて販売開始した。価格はいずれも税別でWindows Serverは1-9ライセンスで1ライセンス当たり11万7600円~、Desktopは1-19ライセンスで1ライセンス当たり1万700円~、Virtual Serverは1ライセンスパックで4万2400円~、Virtual Desktopは6ライセンスパックで2万7500円~。

SPX Cross Platformは、WindowsおよびLinux環境のクロスプラットフォームに対応しており、ストレージクラフト独自の遠隔システム監視ソリューション「ShadowControl 3.0」を組み合わせることでウェブベースによる単一コンソールにて管理下の異なるロケーションやOS(Windows/Linux)で稼働する機器のバックアップとリカバリーを設定・管理することができるため、IT管理者による作業処理の向上が図れる。

また、バックアップの状況などのステータスを遠隔一元監視できる無償のコンポーネントであるShadowControlでは、新たにVMware vCenterやMicrosoft System Centerなどの一般的なハイパーバイザー管理ツールを利用している環境に対し、StorageCraft Plug-inを使用することで直接ShadowControlを仮想環境に統合できる。

これにより、ハイパーバイザー管理コンソールから直接バックアップの管理と監視が可能となり、詳細な情報やレポート、特定のログへのアクセスが必要な場合でもクリック1つでShadowControlのウェブコンソールへ移動ができるため、仮想マシンのバックアップジョブ管理も容易に実行可能としている。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ
相鉄いずみ野線、南万騎が原駅周辺地域の住民満足度は - 相鉄不動産が調査
[05:33 6/27] ホビー
西武鉄道・新宿プリンスホテル、電車好き子供と家族の限定宿泊プラン発売へ
[05:23 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで行く婚活ツアー10/22開催 - 海老名駅から乗車し箱根へ
[05:15 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで江ノ島へ「メトロ湘南マリン号」「湘南マリン号」運転
[05:06 6/27] ホビー