エプソン、スマートグラスとRICOH THETAが連携したシステムを開発

 

エプソンは10月1日、同社のスマートグラス「MOVERIO『BT-200』(MOVERIO)」を用いて、リコーの全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した映像を見ることができるシステムを開発したと発表した。

同システムはNTTドコモの「デバイスコネクト WebAPI」を活用して開発されたもので、同APIを使用するとさまざまな機器の操作やデータ取得が共通の命令で実現可能となり、異なるメーカーの製品をつなぐアプリケーションの制作が容易になる。

今回開発したシステムでは、「RICOH THETA」で撮影した全方位の動画・静止画像を「MOVERIO」向けに最適化し表示する。「MOVERIO」の加速度センサーやジャイロセンサーを利用して、頭の動きに合わせた視点移動が可能となっているほか、「MOVERIO」から「RICOH THETA」の撮影操作を行うことができる。

なお、同システムは10月7日~10月10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」のエプソンブースでデモンストレーション展示される。また、同システムを基にして「RICOH THETA S」にも対応した「MOVERIO 『BT-200』」用アプリケーション「THETA(Device Web API Plug-in)」を、GClueよりMOVERIO専用アプリダウンロードサイト「MOVERIO Apps Market」で提供する予定となっている。

デモの仕組み



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT