WiMAX 2+、下り最大220Mbpsの全国エリア化完了が10月末に

 

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+高速化の全国エリア化の完了時期が10月末に遅れるとアナウンスした。一部エリアの工事が遅延しているため。

同社はWiMAX 2+の周波数帯を2倍に拡張し、キャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbpsの全国エリア化を進めている。当初は9月末の完了を予定していた。対応工事完了エリアについては公表されているが、遅延のエリアについては明かされていない。

人気記事

一覧

新着記事

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー
[09:02 6/29] エンタメ
【連載】グローバル企業が押さえておきたいITインフラの勘所 第4回 データセンターをどう選ぶ?知っておきたい4つのカテゴリー(前編)
[09:00 6/29] 企業IT
【レポート】家電量販店は"男性社会"にあらず - ビックカメラ女性人事に聞く
[09:00 6/29] 経営・ビジネス
フット後藤、指原2連覇で"喜んでいた"を否定「すげぇなという驚きです!」
[08:13 6/29] エンタメ
横山裕、フット後藤のMC術に敬服「『日本一!』まで言うたろかなと」
[08:13 6/29] エンタメ