WiMAX 2+、下り最大220Mbpsの全国エリア化完了が10月末に

 

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+高速化の全国エリア化の完了時期が10月末に遅れるとアナウンスした。一部エリアの工事が遅延しているため。

同社はWiMAX 2+の周波数帯を2倍に拡張し、キャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbpsの全国エリア化を進めている。当初は9月末の完了を予定していた。対応工事完了エリアについては公表されているが、遅延のエリアについては明かされていない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

立ち食いそば散歩 第24回 "1日1麺"はここで! 「信越そば」の豊富なトッピングから好みの3品を
[17:00 7/25] 趣味
カネボウ化粧品、頭皮にアプローチする成分配合の薬用育毛美容液を発売
[17:00 7/25] ヘルスケア
『ワンピース』や『ガンダム サンダーボルト』の「一番くじ」が登場 -「ワンダーフェスティバル2016 夏」バンプレストブース
[17:00 7/25] ホビー
『ツキウタ。』、こけし型ラバストとOUTDOOR PRODUCTSとのコラボグッズ登場
[17:00 7/25] ホビー
英Sophos、最新のファイル暗号化ソリューション「SafeGuard Encryption 8」
[16:59 7/25] 企業IT