WiMAX 2+、下り最大220Mbpsの全国エリア化完了が10月末に

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+高速化の全国エリア化の完了時期が10月末に遅れるとアナウンスした。一部エリアの工事が遅延しているため。

同社はWiMAX 2+の周波数帯を2倍に拡張し、キャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbpsの全国エリア化を進めている。当初は9月末の完了を予定していた。対応工事完了エリアについては公表されているが、遅延のエリアについては明かされていない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事