自力での引っ越し作業、要領よく行う手順は?

自力での引っ越し作業、要領よく行う手順は?

自力での引っ越し作業、要領よく行う手順は?

引っ越しが決まったけど、「お金がかけられない」「荷物がそこまで多くない」という人は、業者に頼まず自分で引っ越し作業をするケースもあるでしょう。とはいえ、家中の家具や荷物をまとめるのは、なかなか労を要するものです。

そこで、そんな時に知っておくと便利な、引っ越しの荷物運びや荷造り、あるいは荷ほどきをスムーズに行うためのコツやアイデアをご紹介します。


■自分で引っ越す場合は、荷造りが最大のポイント!
トラックや車の手配、天候のチェックなど事前に準備しておくことはありますが、何よりも大事なのは荷造りです。いざ運ぶ段になって「やっぱり業者さんに頼めば良かった」ということにならないように、しっかり準備しましょう。


■準備するもの
荷造りには最低限、ダンボール、ガムテープ、新聞紙、ビニールヒモ、ゴミ袋、保護用の毛布などが必要です。ダンボールの大きさは、なるべく均一にしておくと詰め込む時にスムーズ。衣類用の比較的大きめのものと、書籍などを入れるための小さめのもの、二種類を用意すると良いでしょう。ガムテープは紙製より養生用のビニール製が丈夫です。また、車まで荷物を運ぶのに台車を使うという手も。あればぜひ使いましょう。


■奥の部屋から一部屋ごとに!が鉄則
うっかり玄関付近から片付け始めると、ダンボールの山ができて出入りが困難に……なんてことになりかねませんので、一番奥の部屋から始めます。できれば部屋ごとに進め、ダンボールに番号をふる、色テープを貼るなど仕分けしておくと、荷物の運び入れや荷ほどきが楽になります。積み重なることを考えて、ダンボールの上面だけでなく、側面にも中身が何か書いておくと良いですね。


■大切なのは“ほどよく”詰めること!
荷物をムリに詰めたり、または少なすぎて隙間ができたりしていても、ダンボールの変形の原因になり、中身の破損につながります。ダンボールの大きさに見合った量の荷物を入れるようにしましょう。


■割れたら困る、お皿、ビン類のまとめ方のコツは?
移動中の震動や衝撃で割れる可能性が高い食器類は、面倒だからとじかにダンボールに入れるのはNG。新聞紙などで一枚ずつ包み、立てて入れると割れにくくなります。調味料のビンも必ず立てて入れ、ダンボールに「ワレモノ」などと記しておきましょう。万が一、ビンが破損して中身がこぼれてしまった時のために、ビニール袋などに入れておくと安心ですね。


■盲点になりやすい!? 冷蔵庫、洗濯機は水をしっかり抜いて
冷蔵庫の運搬で注意すべきは“霜”。移動中に霜が溶けて、他の荷物や車内をぬらしてしまう可能性があるのです。中身は早めに空にして電源を落とし、引っ越し当日までに霜は取り除きましょう。また、洗濯機も傾けて水抜きします。排水ホースにたまった水も忘れずに。


荷物をきちんと保護したり、わかりやすく仕分けしたりすることを考えると、荷造りにはなかなか時間がかかることがわかるでしょう。引っ越し当日にドタバタしないように、余裕をもった準備を心掛けてくださいね。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年11月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事