エネロクリーンとつけ置きで体操着の汚れがどこまで落ちるか試してみた【動画アリ】

白い体操着のガンコな汚れは、小中学生の子どもを持つ親が抱える共通の悩みかもしれません。何度も洗濯してなかなか落ちなくなってしまった体操着の汚れを、洗濯前のひと手間とつけ置きでどこまで落ちるか試してみました。

期待の星!?「エネロクリーン」を使ってみる

ここで用意したのは部分洗い専用の石けんと酸素系漂白剤、洗面器 (洗面台でもかまいません) 、ブラシ (ダイソーで入手したもの) です。

部分洗い専用の石けんはウタマロなどが人気ですが、ここで試してみたのはプロも使っているとされる「エネロクリーン」という業務用の部分洗い専用の石けん。業務用なのでどこでも売っているというわけではありませんが、ネットやクリーニング店で購入可能です。

今回の実験台となったのは、中学生のサッカー部男子が使用している体操着。写真ではわかりにくいかもしれませんが、もはや洗濯機ではどうしようもないぐらい汚れています。

特に襟の汚れがヒドイですね……。

まずは、漂白作業を行う前の下準備として、洗面器にお湯を適量入れて体操着を浸した後、泥汚れや首回りなど、汚れが目立つ部分を重点的にエネロクリーンでこすってみます。

続いてブラシでこすります。

正直、これだけだとガンコな汚れはなかなか落ちないです。ある程度こすって下準備したら、洗面器にお湯 (50℃程度が目安) を入れ、酸素系漂白剤を適量入れます (分量は説明書を確認すること)。

酸素系漂白剤を入れてよく混ぜたら、"下準備" を終えた体操着をつけ置きします。つけ置きする時間の目安は1~2時間です (これも説明書を確認すること)。

2時間ほどつけ置きした後の体操着です。かなりガンコな汚れだったのでキレイに落ちた……とは言えませんが、かなり汚れが落ちたことがわかります。

体操着をゆすいだら、あとはいつもどおり洗濯すればOKです。

なお、できれば洗濯の際に毎回このような「ひと手間」をかけることで、洗濯後の仕上がりが変わってくるとのことです。

エネロクリーンとつけ置きで体操着の汚れがどこまで落ちるか試してみた

教えてくれたのは……

田辺明敏さん

田辺クリーニング 二代目店主。クリーニング一筋30年以上。専用の工場もあり、技術に定評がある埼玉県のクリーニング店を経営。地元商工会の洗濯講座などのセミナー講師も担当している。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

人気記事

一覧

2017年11月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事