有村架純、"おフェロ"な理想は「言葉遣いが丁寧で柔らかい雰囲気の人」

女優の有村架純が20日、都内で行われた、ファッション誌『ar』創刊20周年記念イベント“おフェロな文化祭”にゲスト登場した。

『ar』創刊20周年記念イベント「おフェロな文化祭」にゲスト登場した有村架純

「ar」20周年記念号のカバーガールを務めた有村は、「20歳おめでとう!」とくす玉を割り、「記念すべき号で表紙になってうれしい」とにっこり。プライベートでも仲が良い女優の高畑充希からは、メールで感想が届いたそうで、「すごい可愛かったと言ってくれました」と照れ笑いを浮かべた。

色気のある女子を意味する"おフェロ"だが、同誌の撮影について、「カメラマンさんから言われるポーズは、やったことがないセクシーなポーズ。難しいなと思いながらやりました」と吐露。「メイクやファッションはまだ勉強中」と言う有村は、理想の女性像を、「言葉をたくさん知っていて、知識がある人は素敵。言葉遣いが丁寧で柔らかい雰囲気を持っている人に憧れる」と話していた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事