ソニーとオリンパス、4K内視鏡システムを発表- EDレンズやCMOSセンサを搭載

 

ソニーとオリンパス、および両者の合弁会社であるソニー・オリンパスメディカルソリューションズは9月16日、2013年から開発していた4K外科手術用内視鏡システムを製品化し、オリンパスの外科手術用内視鏡システムとして「VISERA 4K UHD」 のブランド名で10月上旬より日本と欧州で販売を開始すると発表した。

4K外科手術用内視鏡システム。右は55インチモニタに出力した映像

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズは2013年4月にソニーとオリンパスの共同出資で設立された。設立以来、ソニーとオリンパスの技術・ノウハウをソニー・オリンパスメディカルソリューションズに集約したことで、2年5カ月という短期間での製品化に漕ぎ着けたという。

具体的には、対物レンズに高級1眼レフで使用されるEDレンズを採用し、2次スペクトルの発生を抑制することでコントラストの効いたシャープな画像を実現。また、カメラヘッドはソニーのCMOSセンサを搭載しているほか、どの診療科でも持ちやすい形状とした。形状の設計にあたってはオリンパスが医療機器分野で培ってきたノウハウが詰め込まれているという。

医師の使いやすさという点では、ワンタッチでピントを調整することができるオートフォーカス機能も搭載されているほか、光ケーブルを使用することで4K画像信号の高速通信を可能としただけでなく、軽量化につなげた。また、4Kモニターでは液晶パネルとガラスの間の空気層を樹脂で埋めることで反射光を抑制した。

EDレンズの特徴

カメラヘッドはエルゴノミクスデザインによりどの診療科でも使いやすい形状となっている。

都内で開催された発表会で登壇したオリンパスの田口晶弘 取締役専務執行役員によれば、同システムをテストした医師からは「一度使ったら(元の内視鏡システム)には戻れない」といった声が挙がるなど高い評価を得られているという。価格は従来の内視鏡システムより30-40%高く設定するが、田口専務は「グローバルシェアを現在の約20%から30%まで伸ばしたい。業界のデファクトスタンダードを目指す」と自信を見せた。

また、同じく発表会に出席したソニー・オリンパスメディカルソリューションズの勝本徹代表取締役社長(兼ソニー業務執行役員)は「日本発の医療機器を世界のお医者様や患者様にお届けしていきたい。医療イメージングといえばソニー・オリンパスメディカルソリューションズと言ってもらえるようにしたい。」と力強く語った。

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズの勝本徹社長(左)とオリンパスの田口晶弘専務

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる
[09:49 7/1] 企業IT
働く既婚男女が「仕事着」にかける金額は?
[09:47 7/1] マネー
【特別企画】またもや企業から個人情報大量流出…原因は標的型攻撃?
[09:30 7/1] 企業IT
【コラム】Windows 10ミニTips 第95回 デスクトップのアイコンサイズを変更する
[09:01 7/1] パソコン
[ジュード・ロウ]小栗旬の桃太郎CMに出演へ
[09:00 7/1] エンタメ