はまなす・カシオペア最終運転は3/20頃? 北海道新幹線「地上設備最終切替」

JR北海道・JR東日本は16日、北海道新幹線開業に向けた「地上設備最終切替」の「事前確認」にともなう12月31日から1月2日にかけての運行計画を発表した。あわせて「地上設備最終切替」を3月22日未明に実施することも発表された。

「地上設備最終切替」の「事前確認」実施にともない、急行「はまなす」は12月31日・1月1日の青森発・札幌発ともに全区間運休に

北海道新幹線と在来線の共用走行区間(新中小国信号場から木古内駅付近まで)では、新幹線開業直前に現行の運行管理システムから北海道新幹線に対応したシステムに切り替え、架線電圧や信号保安設備といった地上設備も開業後の状態に切り替え、固定する必要があり、これを「地上設備最終切替」と総称している。

北海道新幹線新青森~新函館北斗間の開業日は2016年3月26日。「地上設備最終切替」は開業4日前の3月22日未明に実施されることになった。これにより、新幹線開業まで青函トンネル経由の旅客列車が運転できなくなるため、3月22~25日の4日間、すべての旅客列車が運休となる。現行の在来線特急「スーパー白鳥」「白鳥」、寝台特急「カシオペア」、急行「はまなす」は新幹線開業に合わせて運転取りやめが決まっており、最終運転日は公表されていないが、3月20・21日頃までに最終運転を迎える可能性が高いといえる。

「地上設備最終切替」の「事前確認」は2016年1月1日に実施される予定。運行管理システムや地上設備を新幹線開業後と同じ状態にした上で、「貨物列車を走行させ、共用走行区間と在来線区間を直通できること」「新幹線、貨物列車を走行させた状態で、開業後のシステムが24時間安定して稼働すること」を確認するという。

これにともない、急行「はまなす」は12月31日・1月1日の青森発・札幌発ともに全区間運休となる。江差線普通列車も12月31日21時以降、列車4本が運休に。1月1日は新青森・青森~函館間の特急「スーパー白鳥」「白鳥」が全列車・全区間運休。普通列車も津軽線蟹田~三厩間(全10本)・江差線釜谷~木古内間(全18本)が全区間運休となり、これらの区間では代行バスの運行が予定されている。同日は函館~釜谷間も普通列車12本が運休。1月2日は木古内発函館行の始発列車のみ運休となる。

津軽線青森~蟹田間の普通列車も一部列車で時間が変更に。奥羽本線新青森~青森間では、1月1日に特急「スーパー白鳥」「白鳥」と同じ時刻で臨時の普通列車が運転される予定だ。「ご不便をおかけしますが、新幹線開業に向けた最終の作業、確認であり、趣旨をご理解くださいますようお願いします」「当日、北海道~本州間はフェリーや航空機など他の交通機関をご利用ください」とJR北海道・JR東日本は発表している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事