バッファロー、PCで手軽にアナログ映像を取り込むUSBキャプチャデバイス

 

バッファローは16日、VHSや8mmなどの映像をPCに取り込めるUSBキャプチャデバイス「PC-SDVD/U2G2」を発表した。価格は5,500円(税別)。

PC-SDVD/U2G2

VHSや8mmなどの映像をPCに取り込むためのUSBキャプチャデバイス(再生機器は別途必要)。映像をソフトウェアエンコードでデジタルデータへと変換する。ソフトウェアとして「VHS to DVD 4.0 SE」が付属。映像のキャプチャや編集、取り込んだ映像のノイズ除去、DVD-Videoの作成などが行える。動画圧縮形式はMPEG-1、MPEG-2、MPEG-4 AVC/H.264、WMVに対応。動画キャプチャ解像度は352×240ドット~720×480ドットまで。

「モニターモード」を使うと、接続した再生機器の映像をPCでフルスクリーン表示可能。遅延が少なく、動きの速いゲームをプレイしても問題なく楽しめるとしている。PCとの接続インタフェースはUSB 2.0で、映像入力インタフェースはSビデオ×1、コンポジットビデオ×1。ケーブル長は約80cm。電源はUSBバスパワー。本体サイズはW19×D14×H79mm、重量は約15g。対応OSはWindows XP(SP3) / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

航空自衛隊向けステルス戦闘機「F-35A」、米国で公開
[16:07 9/26] テクノロジー
【特別企画】女子会で盛り上がること間違いなし!? LEDライトで遊べるBluetoothスピーカー
[16:07 9/26] パソコン
松戸市、渋谷駅前の街頭ビジョンCMを放映
[16:02 9/26] 企業IT
[日本テレビ]ドラクエショーは「この夏限り」
[15:51 9/26] エンタメ
宇多田ヒカルのラジオ特番が全国101局で放送! 新アルバムに込めた思い語る
[15:49 9/26] エンタメ