「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発表 - 新チップ導入、3Dタッチ機能など

 

米Appleは9月9日(現地時間)、iPhoneの新製品として、iOS 9搭載の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を発表した。日本国内での発売は9月25日で、Apple storeでは9月12日午後4時01分より予約注文を受け付ける。価格はiPhone 6sが86,800円~、iPhone 6 Plusが98,800円~(以下、すべて税別)。

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」

iPhone 6s / 6s Plusには、64bitアーキテクチャチップの第3世代となるA9を採用。iPhone 6 / 6 Plusに使用していたA8と比較すると、CPU全体のパフォーマンスは最大70%、グラフィックパフォーマンスは最大90%向上している。モーションコプロセッサはM9にアップデートされ、A9チップに組み込まれた。

背面(iSight)カメラは12メガピクセルで、新しい画像信号プロセッサなどを搭載。よりノイズが少なく、リアルな色合いの写真を撮れるようになった。iPhone 6s Plusのみ、光学式手ぶれ補正を利用できる。4K動画(3,940×2,160ドット)の撮影に対応したほか、シャッターボタン長押し中に動画を撮影する「Live Photos」機能を採用。Live Photosの撮影データはロック画面に設定可能で、タッチすると動き出す。FaceTimeのカメラは5メガピクセル。「Retina Flash」機能により、ディスプレイを発光させ、フラッシュとして活用できるようになった。

メール受信ボックスにおけるPeek(中央)とPop(右)

タッチ技術「Multi-Touch」の改良版として、ディスプレイを押す深さを感知する「3D Touch」を採用。コンテンツのプレビュー画面を表示する「Peek」と、プレビューしたコンテンツを起動する「Pop」の操作が可能になった。たとえば、受信ボックスにあるメールを軽くプレス(Peek)すると、メールを開封せずにプレビュー画面を表示する。また、Peekで表示したメールは、ディスプレイ上で長押し(Pop)すると開封できる。

ホーム画面には「クイックアクション」機能を装備。メッセージアプリのアイコンを長押しすると、新規メッセージの作成画面やよくやり取りをする相手を表示するなど、使用頻度の高い機能に素早くアクセス可能だ。

クイックアクションはメッセージアプリのほか、カメラ、マップなど様々なアプリで使用可能

本体カラーはiPhone 6 / 6 Plusでラインナップされていたシルバー、ゴールド、スペースグレイに加えて、ローズゴールドをそろえる。筐体には、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムを使用する。また、二重イオン交換プロセスで製造した丈夫なガラスでディスプレイを保護している。これらにより、スリムで継ぎ目のないデザインを踏襲しつつ、より頑丈な端末になった。

iPhone 6sは、4.7型の3D Touch対応Retinaディスプレイ(1,334×750ドット、326ppi)を搭載。本体サイズはW67.1×D7.1×H138.3mm、重量は143g。Apple StoreにおけるSIMロックフリーモデルの価格は、16GBが86,800円、64GBが98,800円、128GBが110,800円。

iPhone 6s Plusは、5.5型の3D Touch対応Retinaディスプレイ(1,920×1080ドット、401ppi)を搭載。本体サイズはW77.9×D7.3×H158.2mmで重量は192g。Apple StoreにおけるSIMロックフリーモデルの価格は、iPhone 6のiPhone 6 Plusは16GBが98,800円、64GBが110,800円、128GBが122,800円。

新色ローズゴールド

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

JSOL、AWS上のSAP S/4HANA向け運用監視サービスを提供開始
[17:37 7/28] 企業IT
デジオン、DIGAの録画番組を外出先で視聴できるWindowsアプリ
[17:37 7/28] パソコン
ポケモンGOを子どもに利用させる際、気をつけるべきポイント9つ
[17:32 7/28] ライフスタイル
劇場版『仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー』キャスト陣が浴衣でテレ朝夏祭りに集結 - 沢村一樹「"うなじ"覚えて帰って」
[17:30 7/28] ホビー
檀れい、R・ヒラニ監督との初対面に涙「素晴らしい映画をありがとう」
[17:30 7/28] エンタメ