瑛太、2児の父親として奮闘中「目が離せない毎日を過ごしてます」

俳優の瑛太、女優の小林聡美、渡辺美佐子が9日、東京・渋谷区のNHK放送センターで行われた、特集ドラマ『2030 かなたの家族』の記者会見に出席した。

特集ドラマ『2030 かなたの家族』の記者会見に出席した渡辺美佐子、瑛太、小林聡美(左から)

NHK総合で26日21時から放送する本作は、2030年の近未来における"家族"を描く物語。東京のシェアハウスで暮らす板倉カケル(瑛太)は、15年前にバラバラになった家族一人ひとりと向き合い始める――というストーリーで、カケルの母を小林、祖母を渡辺が演じている。

シニアだけの街、会話をするロボットなど、取材をもとに製作した内容に、主演の瑛太は、「これから15年の間に技術の進歩はあると思うけど、家族関係や人間の結びつきは変わらない」と感想を。また、15年後の未来について、小林が、「ハイテクなものが苦手なので不安を感じるけど、シェアハウスで気の合う仲間と住むのもいいかも」と語ると、瑛太は、「15年以内に大河ドラマか朝ドラの主役をやりたい」と同局スタッフに対して猛アピールしていた。

そんな瑛太は、妻で歌手の木村カエラとの間にできた4歳の長男、1歳の長女の父親として奮闘中。「2児の父親になって、改めて親の苦労を感じました。すぐにどっか行くし、放ってほいたら病気になるし、目が離せない毎日を過ごしてます」と親になった心境を打ち明けつつ、「今は家族のことを忘れて、安心して仕事ができている。無意識のレベルで親や子どもとつながっているのが“家族”なんだと思う」と話していた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事