日本エイサー、360度回転ヒンジでタブレット風にも使える11.6型2in1ノート

日本エイサーは8日、モバイルノートPC「Aspire」シリーズとして、回転ヒンジを採用する11.6型モデル「R3-131T-N14D」シリーズを発表した。スカイブルーとクラウドホワイトの2色を用意。9月11日から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は55,000円(税別)前後。

R3-131T-N14D/B
(スカイブルー)

R3-131T-N14D/W
(クラウドホワイト)

回転ヒンジを搭載し、液晶部分が360度回転する11.6型2in1モバイルノートPC。液晶を回転させて折りたたみ、タブレットスタイルでも使用できる。バッテリ駆動時間も9時間と長いので、持ち運んで使うのに適している。天板は滑りにくく指紋も付きにくいテキスタイルデザインを採用。

クリックで拡大

主な仕様は、CPUが Intel Celeron N3050(1.60GHz)、メモリがDDR3L-1600 4GB(4GB×1)、ストレージが500GB HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)、ディスプレイが11.6型光沢(グレア)液晶、解像度が1,366×768ドット(WXGA)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI×1、SDメモリーカードスロット、HD Webカメラなど。バッテリ駆動時間は約9時間。本体サイズは約W298×D211×H20.9mm、重量は約1.5kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事