2014年ソーシャルビジネス関連市場、前年比32%増の126億円 - IDC

 

IDC Japanは9月7日、国内ソーシャルビジネス関連市場について、2014年の同市場の分析と2015年~2019年の市場予測を発表した。

同社はソーシャルビジネス関連市場を「コラボレーション」「CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)」「ERM(エンタープライズリソース管理)」のソフトウェア市場のうち、ソーシャルネットワーキング技術に関わる14の機能分類をテクノロジー市場として抽出し、各市場でのソーシャルネットワーキング技術利用状況を考慮し、それぞれ一部を抽出し、合算したコンペティティブ市場と定義している。

2014年の国内ソーシャルビジネス関連市場規模は、前年比32.0%増の126億9300万円と推定されている。同社が行った企業ユーザーの利用動向調査では、企業内ソーシャルネットワーキングシステム活用は「特定の部署やプロジェクトでの利用」とした回答者が多く、利用目的も「プロジェクトの進捗/リソース管理」が最も多い結果となった。

2015年の調査では、「顧客グループやコミュニティとのコラボレーション」「顧客へのサポート提供」などが2014年調査と比較して上位に位置しており、企業ユーザーのソーシャルテクノロジー活用の意識は、顧客やコミュニティとのエンゲージメントに移行していることが判明した。

同社は、2015年以降の同市場は、企業のワークスタイル変化によるソーシャルネットワーキング技術を多用した従業員/顧客/パートナーとのコラボレーション、プロジェクト管理/マーケティング/人事管理/調達の各分野でのソーシャルネットワーキング技術の活用が見込まれることから、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は26.3%で成長し、2019年には407億7100万円になると予測している。

国内ソーシャルビジネス関連市場 セグメント別売上額予測(2012年~2019年) 資料:IDC Japan



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

又吉直樹、髪型のせいで何度も職務質問「夜中に1人で歩いているとよく…」
[13:41 6/26] エンタメ
松本人志、小沢氏激怒の古市氏を擁護 - "逆鱗"と"イチかバチか"のお笑い論
[13:33 6/26] エンタメ
[明日のとと姉ちゃん]6月27日 第73回 常子、食糧確保に農村へ 第13週「常子、防空演習にいそしむ」
[13:00 6/26] エンタメ
和田アキ子、舛添氏「ムカつく」- 英キャメロン首相の潔さと比較
[12:55 6/26] エンタメ
【レポート】門脇麦、独特の存在感の秘密は"読解力"? 表現だけでなく、"読み込む力"が優れた女優 - 監督は語る
[12:30 6/26] エンタメ