北陸新幹線E7系・W7系に荷物置場、12月までに設置 - 大型手荷物増加に対応

 

JR東日本・JR西日本は3日、北陸新幹線E7系・W7系車両に荷物置き場を新設すると発表した。大きなスーツケースを持った訪日外国人旅行客の増加や、冬季のスキー・スノーボード持ち込みなどに対応する。

偶数号車に設置する荷物置き場イメージ

荷物置き場は「グランクラス」(12号車)を除く偶数号車の1-D・1-Eの2人掛けシートと脚台を撤去して設置。グリーン車(11号車)デッキスペースにも設置される。10月5日から順次、車両改造を行い、改造が終わった車両から供用開始。12月下旬までにはすべての編成で設置を完了する予定だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ViVid Strike!』、放送直前! スタッフ&キャストコメントを公開
[22:41 9/28] ホビー
Windowsスマートチューニング 第411回 Win 10 IP編: Windows Updateへのアクセスを抑止する
[22:14 9/28] パソコン
進化を続ける「Zen」シリーズ - ASUSがフラグシップノートPC「ZenBook 3」を国内投入
[22:07 9/28] パソコン
声優・三森すずこ、3rdアルバム『Toyful Basket』発売記念! 特典お渡し会を開催
[22:02 9/28] ホビー
モンキー・パンチや浅田弘幸も出展、“手塚治虫しばり”の展覧会が今年も
[21:40 9/28] ホビー

本音ランキング