北陸新幹線E7系・W7系に荷物置場、12月までに設置 - 大型手荷物増加に対応

 

JR東日本・JR西日本は3日、北陸新幹線E7系・W7系車両に荷物置き場を新設すると発表した。大きなスーツケースを持った訪日外国人旅行客の増加や、冬季のスキー・スノーボード持ち込みなどに対応する。

偶数号車に設置する荷物置き場イメージ

荷物置き場は「グランクラス」(12号車)を除く偶数号車の1-D・1-Eの2人掛けシートと脚台を撤去して設置。グリーン車(11号車)デッキスペースにも設置される。10月5日から順次、車両改造を行い、改造が終わった車両から供用開始。12月下旬までにはすべての編成で設置を完了する予定だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味

本音ランキング