北陸新幹線E7系・W7系に荷物置場、12月までに設置 - 大型手荷物増加に対応

佐々木康弘  [2015/09/04]

JR東日本・JR西日本は3日、北陸新幹線E7系・W7系車両に荷物置き場を新設すると発表した。大きなスーツケースを持った訪日外国人旅行客の増加や、冬季のスキー・スノーボード持ち込みなどに対応する。

偶数号車に設置する荷物置き場イメージ

荷物置き場は「グランクラス」(12号車)を除く偶数号車の1-D・1-Eの2人掛けシートと脚台を撤去して設置。グリーン車(11号車)デッキスペースにも設置される。10月5日から順次、車両改造を行い、改造が終わった車両から供用開始。12月下旬までにはすべての編成で設置を完了する予定だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界各国の事情から考える日本のタバコの喫煙マナーのレベル
[10:00 6/25] ヘルスケア
パソコン工房でRadeon RX 480搭載カードを29日22時販売開始
[10:00 6/25] パソコン
加藤綾子と長友佑都が初共演した『アサヒ オフ』の新CM放映開始
[10:00 6/25] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第4弾は一松 孤独に一杯
[09:00 6/25] ホビー
[夏のドラマ見どころ]人気女優続々“オンナのお仕事”もの 波瑠は変人刑事、北川景子はスーパーウーマン、松嶋菜々子は営業部長
[09:00 6/25] エンタメ

本音ランキング