MSI、ゲーミングマザーボードにIntel H170/B150搭載モデルを追加

 

台湾MSIは2日、Intelの最新チップセット「Intel H170」「Intel B150」を搭載したゲーミングマザーボードを発売した。Intel H170マザーボードが2モデル、Intel B150マザーボードが2モデルの合計4モデルをそろえる。

Intel H170/B150は、Intelが2日に発表した最新チップセット。コストパフォーマンスを重視したメインストリームやビジネス向けの製品を対象とする。Intel Z170では可能なオーバークロックに対応しないことに加え、サポートするPCI Express 3.0のレーン数やUSBポートも少ないといった違いがある。

今回発売された4モデルはいずれも、MSI独自の品質基準「ミリタリークラス 5」に準拠する。チタン製インダクタをはじめとする高品質コンポーネントを採用、安定性と長寿命を実現するという。

また、メモリ回路をほかのコンポーネントから独立させ、安定性を高める「DDR4 Boost」に対応する。一部のモデルでは、XMP適用時に点灯する「XMP LED」を備える。このほか、ゲーミングキーボードでないキーボードでもマクロが設定可能な「Gaming Hotkey」が利用できる。

H170 GAMING M3

ハイエンドゲーマーに向けた「Enthusiast GAMING」シリーズのマザーボード。ストレージのインタフェースに、PCIe 3.0 x4接続のTurbo M.2を搭載する。LANコントローラにはゲーミングマザーボードでの採用が多い「Killer E2400」を採用する。店頭予想価格は税別16,480円前後。

H170 GAMING M3

ソケット LGA1151
チップセット Intel H170
メモリ DDR4-2133MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 3.0 x1×2、PCI×3
マルチGPU AMD 2way CrossFire
ストレージ SATA 6Gb/s×6、M.2×1(PCIe 3.0 x4)、SATA Express×1(PCIe 3.0 x2)
ネットワーク 1000BASE-T×1(Killer E2400)
サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1150)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen1×6、USB 2.0×6、HDMI×1、DVI-D×1、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別16,480円前後

H170A GAMING PRO / B150A GAMING PRO

ミドルレンジのゲーマー向けシリーズ「Performance GAMING」のマザーボード。ボードに搭載したLEDを光らせるイルミネーション機能「Mystic Light」を備える。専用のアプリケーションからLEDの色や発光パターンを設定できる。店頭予想価格は「H170A GAMING PRO」が税別17,800円前後、「B150A GAMING PRO」が税別15,800円前後。

H170A GAMING PRO

ソケット LGA1151
チップセット Intel H170
メモリ DDR4-2133MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 3.0 x1×2、PCI×3
マルチGPU AMD 2way CrossFire
ストレージ SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1(PCIe 3.0 x2)
ネットワーク 1000BASE-T×1(Intel i219V)
サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1150)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×2、USB 3.1 Gen1×6、USB 2.0×4、HDMI×1、DVI-D×1、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別17,800円前後

B150A GAMING PRO

ソケット LGA1151
チップセット Intel B150
メモリ DDR4-2133MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 3.0 x1×2、PCI×3
マルチGPU AMD 2way CrossFire
ストレージ SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1(PCIe 3.0 x2)
ネットワーク 1000BASE-T×1(Intel i219V)
サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1150)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×2、USB 3.1 Gen1×6、USB 2.0×4、HDMI×1、DVI-D×1、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別15,800円前後

B150M BAZOOKA

カジュアルゲーマー向けシリーズ「Arsenal GAMING」のマザーボード。店頭予想価格は税別17,800円前後。

B150M BAZOOKA

ソケット LGA1151
チップセット Intel B150
メモリ DDR4-2133MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2
マルチGPU 非対応
ストレージ SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1(PCIe 3.0 x2)
ネットワーク 1000BASE-T×1(Realtek 8111H)
サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1150)
フォームファクタ マイクロATX
そのほか USB 3.1 Gen1×6、USB 2.0×6、HDMI×1、DVI-D×1、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別10,800円前後
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『Dimension W』、メインキャスト出演のスペシャルイベント開催
[20:39 8/24] ホビー
JR北海道、台風の被害状況を発表 - 石北本線・釧網本線を中心に土砂流入も
[20:37 8/24] ホビー
日産の想定を軽く超えた「新型セレナ」への期待値
[20:35 8/24] 経営・ビジネス
日産、新型セレナ発売イベント「プロパイロット」公道デビュー - 写真47枚
[20:24 8/24] ホビー
[松岡茉優]個性派ブラウス×赤のミモレ丈スカートで秋先取り
[20:14 8/24] エンタメ