Googleが企業ロゴを変更、よりシンプルで親しみやすいデザインに

米Googleは9月1日(現地時間)、新しい企業ロゴを公表した。PC、モバイル機器、TV、車のダッシュボードなど様々なデバイスで見やすく、シンプルで親しみやすいデザインを目指した。

PC向けの検索サービスを提供するスタートアップから始まったGoogleは、急速に事業の幅を広げ、新たな分野にも積極的に進出してきた。そうした変化を企業イメージとして示すために、同社は過去に何度か企業ロゴを変更している。今回の変更は、Sundar Pichai氏を新CEOにAlphabetの子会社として再出発するGoogleを印象づける。またPCからモバイル、TV、IoT、車などにサービスを広げる中、あらゆる種類のデバイスにフィットするようにロゴをアップデートした。

新しい「Google」ロゴは、4色のアルファベットの組み合わせというスタイルは変わらないが、ロゴタイプにSans-Serifを用いたフラットなデザインになった。ブラウザのタブなどに表示されるコンパクトな「G」ロゴは小文字の"g"から大文字の"G"に変わり、Googleロゴの4つの色を備える。またインタラクティブパーツやトランジションなどに用いる「ドット」を用意した。

「Google」ロゴ、「Dots」、「G」ロゴ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事