ジョニー・デップが薄毛オールバックで凶悪犯を熱演! 主演最新作16年1月公開

 

9月18日に全米公開されるジョニー・デップ主演最新作『ブラック・マス(原題:Black mass)』が、邦題『ブラック・スキャンダル』として、2016年1月30日に日本公開されることがこのほど、明らかになった。

ジョニー・デップが薄毛オールバックで冷酷な凶悪犯を熱演

本作は、冷酷な"凶悪犯"ジェイムズ・"ホワイティ"・バルジャーが起こしたアメリカ犯罪史上、最大のスキャンダルを描いた作品。バルジャーを追ったFBIは、当初25万ドルの懸賞金を設定して指名手配したが、16年の逃亡生活の末、2011年6月に逮捕された時点では200万ドル(約2億円)というFBI史上、最も高額な懸賞金となっていた。

その凶悪犯"ジェイムズ・"ホワイティ"・バルジャーを演じるのが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ(2003~)、『チャーリーとチョコレート工場』(05)、『アリス・イン・ワンダーランド』(10)などで知られるジョニー・デップ。薄くなった毛髪をオールバックに固め、サングラスからは鋭いまなざし、ジーンズに革ジャンというスタイルでただならぬ空気感を放ち、凶悪な男を演じる。この衝撃的なジョニーの容貌は、すでに全世界から話題を呼んでいる。

共演陣は、FBI捜査官ジョン・コナリー役に『ゼロ・ダーク・サーティ』『華麗なるギャツビー』のジョエル・エドガートン、ホワイティの弟であり、権勢を誇る州上院議員ビリー・バルガー役にオスカー・ノミネートのベネディクト・カンバーバッチ。ホワイティの最も親密な共謀者スティーブ・フレミ役はロリー・コクレイン、ホワイティの腹心の部下ケビン・ウィークス役はジェシー・プレモンス、FBI主任捜査官チャールズ・マグワイア役はケビン・ベーコンが演じる。そして監督は、『クレイジー・ハート』『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーが務める。

舞台は、1970年代のサウス・ボストン。FBI捜査官ジョン・コナリーは、アイルランド系マフィアのボスであるホワイティに、FBIと協力して共通の敵であるイタリア系マフィアを排除しようと説得する。本作では、その密約がやがて制御がきかなくなり、ホワイティが法の目をかいくぐって権力を揺るぎないものにし、ボストン史上もっとも冷酷で危険なギャングのひとりになっていく姿を追う。

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事