撮影と保存もできる最大10倍拡大のデジタル顕微鏡 - ケンコー・トキナー

 

ケンコー・トキナーは28日、小さな文字や画像を拡大して見やすくするデジタル顕微鏡「ケンコー KTL-1035 撮影と保存ができる デジタル拡大鏡」を発売した。価格はオープンで、推定市場価格は18,000円前後。

ケンコー KTL-1035 撮影と保存ができる デジタル拡大鏡

小さな文字を拡大して見やすくするデジタル顕微鏡。3.5型の液晶を搭載し、拡大倍率は5倍 / 6倍 / 7.5倍 / 10倍の4段階。色変換機能により、ノーマル / 白黒 / 白黒反転のどれか、自身が見やすいように調整できる。

表示イメージ

ノーマル表示、白黒表示、白黒反転表示

静止画の撮影と保存にも対応しているため、撮影した画像をじっくり見ることも可能。撮像素子には30万画素CMOSセンサーを採用する。画像保存用として、microSDメモリーカードを利用できるほか、一時保存やPCへの保存も可能。PCとの接続インタフェースはUSB 2.0だ。

撮影機能と保存機能、スタンド機能を備える

LEDライト×4灯を備え、暗い場所でも被写体を照らして明るい画像が得られる。本体の角度を調整するスタンドも搭載。電源には単4形乾電池×3本を用い、連続使用可能時間は1時間で、約5分操作しないと電源オフになる「自動電源OFF機能」を持つ。本体サイズはW136×D79×H34mm、重量は140g(電池含まず)。

人気記事

一覧

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア