柳沢慎吾、吹替えを絶賛され喜び爆発「シンゴ・ヤナギサワが一番いいって」

 

俳優の柳沢慎吾とモデルで歌手の三戸なつめが26日、東京・新宿ピカデリーで行われた映画『ピクセル』日本語吹替え版ジャパン・プレミアに登壇した。

映画『ピクセル』日本語吹替え版ジャパン・プレミアに登壇した柳沢慎吾(左)と三戸なつめ

日本語吹替え版で、主役のサム・ブレナー(アダム・サンドラー)の声優を務めた柳沢は、MCから主演と紹介されるとご満悦になり、「(アダム・サンドラー)が無表情なんですよ。だからすごく難しかったです。でもこの間見させてもらったら、これがいいのよ」と自画自賛。「主演となると着ている衣装も違うでしょ。どう?」と問いかけ、会場から拍手をもらった。さらに、同作の主演を務めたアダム・サンドラーが、世界30カ国の吹き替えをチェックしたそうで、柳沢は「日本の彼、シンゴ・ヤナギサワが一番いいって!全然力が入ってなくて、シリアスなところも普通にやっていていいんだって」と喜びを爆発させて報告した。

また、日本語吹替え版の主題歌に抜てきされた三戸もピクセル化した頭で登場し、主題歌を担当するという話を聞いたときの印象について「絶対ドッキリだと思ったんですけど、(プロデューサーの)中田ヤスタカさんのところにレコーディングに行ったときに"本物や!"と思って、うれしかったですけどビックリの方が大きかったです」と振り返り、同作を見た感想については「初めは柳沢さんが主役の声をやっていることを忘れていて、物語の途中で柳沢さんの名セリフが出てきて、そのときに柳沢さんだと思い出したくらいで、すごく自然でした」と柳沢の吹替えを絶賛した。

同イベントでは、映画の話以外にも、高校野球や始球式の話でも"舌好調"だった柳沢。特に今月9日に、自身が横浜スタジアムで行った始球式がお気に入りのようで、「日本一長い始球式見た?1ヶ月も経ってないのに150万回(再生)行ったみたい」と自慢げに話していた。しかし、三戸が「私の始球式も見てください。甲子園で」と言うと、柳沢は驚きの表情を見せ「甲子園でやったの? 高校野球をやる甲子園で?…やりてえ」と本音を漏らして会場の笑いを誘った。

同映画は、パックマンやドンキーコング、ギャラガやスペースインベーダーなどの懐かしい80年代ゲームキャラが、一斉に地球を侵略しにやってくるというSFエンターテインメント。9月12日(土)より丸の内ピカデリーほかで全国公開。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ヤマト運輸、LINEで配達日時や場所の変更が可能に - 会話AIを活用
[20:12 6/27] マネー
『風の谷のナウシカ』の空飛ぶ蟲・ヘビケラが全身45箇所可動フィギュアに
[20:05 6/27] ホビー
一人前のレディーとして扱ってよね『艦これ』暁がアニメ版でフィギュア化
[20:00 6/27] ホビー
【レポート】今週の秋葉原情報 - オリジナルクーラーのGeForce GTX 1080/1070カードが続々登場!
[19:58 6/27] パソコン
インテル、「フィギュアヘッズ」キャンペーンで当たるオリジナル機体を公開
[19:57 6/27] パソコン

本音ランキング