フィリップ モリス、加熱式たばこ「iQOS」を発売

 

フィリップ モリス ジャパンは9月1日、加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」およびiQOS専用たばこ「マールボロ ヒートスティック」の全国展開を開始する。

加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」

燃やすことなくたばこの味わいを再現

この商品は、スイスにあるフィリップ モリス インターナショナルの研究開発部門の専門家らが開発。たばこ葉部分を燃やすことなく加熱し、紙巻たばこの喫煙から得られる味わいを再現できるよう設計したという。

「iQOS」

火を使わないため煙や灰が出ることはなく、紙巻たばこの煙に比べてにおいも低減。同社の非臨床試験評価によると、発生するたばこベイパー(蒸気)も、紙巻たばこの煙に含まれる量に比べて有害な成分が大幅に削減されているとのこと。

「iQOS」使用シーンイメージ

同社は、2008年から2014年にかけて「喫煙関連疾病を発症するリスクを低減する可能性のある製品」の開発と、紙巻たばこと比較した科学的実証のために約2,000億円を投資してきた。

代表取締役社長のローラン・ボアサール氏は、「世界に先駆けたiQOSとマールボロ ヒートスティックの全国展開は当社にとって、そして日本の成人喫煙者の皆さまにとって画期的な出来事です。火を使わず、灰も出ず、においも少ない、本物のたばこの味わいを楽しんでいただける製品『iQOS』は、日本の成人喫煙者にとって、紙巻たばこに代わる新しい技術的進歩の幕開けを意味します」とコメントしている。

販売場所として世界に先駆けて日本が選ばれたのは、「清潔な都市環境」「周囲に気を遣う国民性」「最新のテクノロジーに対して敏感」といったところが注目されてのことだそうだ。

「iQOS キット」は9,980円

「iQOS キット」は9,980円(税込)。セット内容はiQOS ホルダー、iQOS ポケットチャージャー、専用 AC アダプター、専用 USB ケーブル、専用クリーナーブラシ、ユーザーガイド。色はネイビー、ホワイトの2色を展開する。

「iQOS」はネイビー(左)とホワイト(右)の2色を展開

「マールボロ ヒートスティック」は、深く豊かな味わいの「レギュラー」、バランスのとれた洗練された味わいの「バランスド レギュラー」、力強い爽快テイスト「メンソール」、軽快な爽快テイスト「ミント」の4種類。価格は各460円(税込、長さ45mm/20本入り)。1本のヒートスティックで14回吸い込むか、または6分間のいずれか楽しむことができるという(通常の紙巻たばこの吸う回数・喫煙時間とほぼ同等)。

「マールボロ ヒートスティック」は4種類、(左から)「レギュラー」「バランスド レギュラー」「メンソール」「ミント」

使用方法は、iQOS ポケットチャージャーで充電したiQOS ホルダーにヒートスティックを差し込み、ボタンを押して加熱。ヒートスティックのフィルター側から、紙巻たばこのように吸い込む。

販売地域は、9月1日時点で12都道府県(北海道、宮城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県)。その後、順次全国展開。これらの地域の旗艦店「iQOS ストア」(順次オープン予定)、主要コンビニエンスストアチェーン、一部のたばこ専門店の計3万1,000以上の店舗のほか、10月からはiQOS 専用ホームページでも販売予定。

また8月3日~9月30日に会員登録をすると、iQOS キットといずれかのマールボロ ヒートスティック1カートン(10箱)がセットで9,980円(税込)になるキャンペーンも実施中。購入期間は9月1日~10月10日。詳細は、iQOS 専用ホームページで確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事