ゴミ箱、傘立てがスマホと連携! KDDIが10月下旬より2製品発売

KDDI、沖縄セルラー電話は、スマートフォンと連携する傘立て「Umbrella stand」とゴミ箱「Dust bin」を10月下旬より「au WALLET Market」で発売する。価格は「Umbrella stand」が税別8,070円、「Dust bin」が税別6,400円。

「Umbrella stand」

「Dust bin」

Umbrella stand

「Umbrella stand」は、その日の天気をLEDライトによって通知する傘立て。専用アプリ「Mono Manager」をダウンロードしたスマートフォンを持って本体に近づくと、降水確率に応じて、晴れであればオレンジ、曇りなら白、雨なら青色にLEDライトが光る。また、光るタイミングに合わせて、スマートフォン側に通知が届き、天気の詳細をアプリ上で確認できる。

連携アプリイメージ

主な仕様は次の通り。サイズは、幅約160mm×高さ約190mm×奥行き約160mm。重量は測定中。素材はプラスチック樹脂とポリストーン。傘を8本収納できる。カラーバリエーションはホワイトとグレーの2色。通信方式はBluetooth。

Dust bin

「Dust bin」は、ゴミの収集日をLEDライトの発光によって通知するゴミ箱。「Umbrella stand」と同様に、専用アプリ「Mono Manager」をダウンロードしたスマートフォンを持って本体に近づくと、ゴミ箱が光ると同時にスマートフォン側に通知が届き、ゴミの収集予定を確認できる。

連携アプリイメージ

主な仕様は次の通り。サイズは、幅約255mm×高さ約300mm×奥行き約255mm。重量は測定中。容量は11リットル。素材はプラスチック樹脂。カラーバリエーションはホワイトとグレーの2色。通信方式はBluetooth。

専用アプリ「Mono Manager」の対応OSは、Android 4.3以降、iOS 7.1から8.4。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事