米Microsoft、Windows Server 2016 Technical Preview 3を公開

 

米Microsoftは8月19日(現地時間)、Windows 10をベースとしたサーバOS「Windows Server 2016」のTechnical Preview 3(TP3)を公開した。今回のTechnical Previewの目玉は、Dockerに対応したコンテナ技術「Windows Server Container」が始めて公開されたこと。

インストールプログラムはTechNet Evaluation Centerからダウンロードすることが可能。

Windows Server 2016では、コンテナ技術として、「Windows Server Container」と「Hyper-V Containers」が搭載される予定だ。いずれもDocker APIとDockerクライアントを使ってデプロイすることができる。

Windows Server Containerは、Windowsカーネル上に分離した空間を複数作るコンテナ技術で、Dockerのコマンドラインツールに加えPowershellから管理できる。

Windows Server Containerの仕組み(MSDN Blogより)

一方、Hyper-V Containerは専用のWindowsカーネルのコピーと直接割り当てられたメモリを用いるため、より独立性が高まると説明されている。Technical Preview 3では、Hyper-V Containerは、今後リリースされるテクニカルプレビューでサポートされる予定。

Hyper-V Containersの仕組み(MSDN Blogより)

Windows Server ContainerとHyper-V Containersの違い(Windows Server Containerより)

コンテナに対応したTechnical Preview 3に合わせて、「Visual Studio」と「Microsoft Azure」のアップデートも行われた。

また同日、「System Center 2016 Technical Preview 3」も公開された。同社によると、クラスタノードでのローリング アップグレードのサポート、ホストサーバとファイルサーバの両方に対するNano Server のサポートなど、Virtual Machine Managerについて機能が強化されているという。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

富士重工業、来年4月から「株式会社SUBARU」へ - 社名変更の正式決定を発表
[20:28 6/28] ホビー
藤ヶ谷太輔、窪田正孝&横尾渉と三角関係? 誕生日も実家に横尾
[20:14 6/28] エンタメ
【特別企画】グラドル吉田早希も参戦! 「Overwatch」体験イベント開催
[20:12 6/28] パソコン
スバル「レヴォーグ STI Sport」7/21発売へ - 代官山で特別展示イベントも
[20:07 6/28] ホビー
【特別企画】恋愛、受験、就活、スポーツ……大学生に聞いた、「応援」で力をもらった感動エピソード8選
[20:03 6/28] エンタメ