JR東日本、常磐線富岡~浪江間の列車運転再開に向けて除染試験施工に着手へ

 

JR東日本水戸支社はこのほど、常磐線富岡~浪江間の復旧工事に向けた除染計画策定を目的に、夜ノ森~双葉間の鉄道用地内で除染試験施工に着手すると発表した。

除染試験施工実施区間付近の様子(大熊町夫沢付近、JR東日本水戸支社が8月7日に撮影)

常磐線は東日本大震災と福島第一原子力発電所事故の影響で、4年以上経過した現在も竜田~原ノ町間と相馬~浜吉田間で列車の運転見合わせが続く。このうち、帰還困難区域を含む常磐線富岡~浪江間には放射線量が高い箇所があり、その低減が運転再開に向けた重要な課題となっている。

今回実施する除染試験施工では、施工区間の中から空間線量率や線路構造(盛土・切取)が異なる6カ所を選定。レール・枕木・砕石・表層土の入替えやのり面の除草・伐採などを行い、その効果を確かめる。工事は8月20日から始まり、2016年3月に終了する予定。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー

本音ランキング