Microsoft Edge搭載したWindows 10仮想マシンイメージが公開

Microsoft Edge

米Microsoftは8月17日(米国時間)、「Windows 10 virtual machines now available on Microsoft Edge Dev|Microsoft Edge Dev Blog」において、Microsoft Edge Devサイトを更新するとともに、Microsoft Edgeの最新版を簡単に試すことができるように「Download virtual machines|Microsoft Edge|Dev」においてWindows 10の仮想マシンイメージの提供を開始したと伝えた。

Windows 10の仮想マシンイメージはWindows、Mac OS X、Linux向けに次のフォーマットが提供されている。

  • Windows向け:HyperV_2012、VirtualBox、VMware
  • Mac OS X向け:Parallels、VMware、VirtualBox
  • Linux向け:VirtualBox

Microsoft Edgeを動作させるためのWindows 10仮想マシンイメージのほか、次の組み合わせ(ブラウザおよびオペレーティングシステム)の仮想マシンイメージが提供されている。

  • IE11 on Windows 7
  • IE11 on Windows 8.1
  • IE10 on Windows 7
  • IE10 on Windows 8
  • IE9 on Windows 7
  • IE8 on Windows 7
  • IE8 on Windows XP
  • IE7 on Windows Vista
  • IE6 on Windows XP

Microsoftは向こう数週間ほどでVagrantとQEMU向けの仮想マシンイメージも提供を開始すると説明している。こうした仮想マシンはMicrosoft EdgeおよびIE 11~IE 6の動作検証環境として使用できる。なお、これら仮想マシンの使用期限は90日間に設定されているため、Microsoftでは後でロールバックしたくなった時のために仮想マシンをインストールした直後にスナップショットを取っておくことを推奨している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事