PC向けWindows 10プレビュー版の提供再開、"ビルド10525"リリース

米Microsoftは8月18日(現地時間)、Fastアップデートに設定しているWindows Insiderプログラムメンバーに「Windows 10 Insider Preview Build 10525」の提供を開始した。Windows 10の一般提供を開始してから初のInsider向けPC用ビルドである。

Windows 10の一般提供開始までのWindows InsiderプログラムはWindows 10のパブリックベータのような位置付けだったが、今後は継続的に機能やセキュリティのアップデート、新機能の追加を行っていく「Windows as a service」のプレビュープログラムになる。Windowsに深く関わる開発者やユーザーとして、メンバーがフィードバックを通じてWindows開発に貢献できるという点では従来のプログラムと変わらない。

Windows 10 Insider Preview版のインストールは正規のWindows 10デバイスが対象になり、公式ブログでGabe Aul氏(Insiderプログラム担当)は、Windows 10 Insider Preview版にアップグレード、またはWindows 10を再インストールする前にデバイスがアクティベートされているか確認するように呼びかけている。MicrosoftはWindows Insiderプログラムのページでプログラムの詳細情報を提供している。同ページでは使用しているPCが新しいInsider Preview版に対応しているか確認することも可能だ。

ビルド10525では、Start、アクションセンター、タスクバー、タイトルバーなどのデフォルト色を変更できるようになった。オプション設定になっており、[設定]→[パーソナル設定]→[色]から有効にする。

メモリーマネージメントに圧縮ストア(compression store)という新たなメモリー管理コンセプトが追加された。メモリーが不足した際にディスクに書き込むのではなく、使用していないページを圧縮する。これによってプロセスごとに使用するメモリー量が減少し、メモリーがより多くのアプリケーションを同時に扱えるようになって、Windows 10のレスポンスが向上する。

より早く新機能を体験できるためWindows 10 Insiderプレビュー版に興味を持つ一般ユーザーも多いが、正式リリース前のソフトであり、バグや不完全な機能も含まれるので注意が必要。ビルド10525では、モバイルホットスポットが機能せず、Windows Storeから映画&TVアプリを最新版にアップデートしないとビデオ再生に問題が生じる。また言語パックのオプションが含まれておらず、提供は今週後半になる。

人気記事

一覧

新着記事