東電福島原発から出た海のセシウム、台風で沖へ拡散か - JAMSTEC

 

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は8月18日、東京電力福島第一原子力発電所(東電福島原発)南東沖の大陸斜面において、放射性セシウムが付着した東電福島原発沖の海底堆積物が沖合に向かって移動している様子を捉えることに成功したと発表した。

同成果はJAMSTECと米ウッズホール海洋研究所(WHOI)の研究によるもので、8月18日付けで米国化学会の学術誌「Environmental Science and Technology」に掲載された。

JAMSTECとWHOIは、2011年7月より、東電福島原発から南東へ約100km離れた大陸斜面の1点の水深500mと1000mに海中を沈降してくる粒状物を捕集する装置を設置し、同地点同水深の粒状物を継続的に捕集することで、2011年の東電福島原発事故により放出された放射性セシウムの量を測定してきた。

その結果、粒状物からは事故から約3年が経過した2014年7月においても事故由来の放射性セシウムが検出された。放射性セシウムの沈降量と濃度は2011年9-10月に最大となり、その後、2012年9-10月と2013年9-10月に小規模な増加が観測された。特に、2013年9-10月の場合は、東電福島原発から100km圏内を複数の台風が通過しており、浅海域の海底堆積物が巻き上がり、海流によって沖合の観測点まで輸送されやすい状況にあったと考えられる。また、通常の海洋生物活動に伴う沈降量の季節変動では、9-10月に沈降量と濃度の増加が起こる可能性は低いという。

JAMSTECは今回の成果について「今後の東電福島原発沖の海洋環境やその生態系への影響を評価するためには、海底堆積物に付着した放射性セシウムが今後どれぐらいの速さで減少していくのかを明らかにすることが重要です。そのため放射性セシウム濃度が低下するメカニズムである、海水への再溶解、底生生物による堆積物の攪乱による希釈効果に加え、本観測研究による海底堆積物の再懸濁と流れによる外洋域への水平輸送量をより定量的に明らかにしていきます。」とコメントしている。

観測点 (北緯36度27.5分、東経141度28.0分)

水深500m(上図)と1000m(下図)で捕集された沈降粒子中の放射性セシウムフラックス(棒グラフ)と放射性セシウム濃度(黒丸)。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】妊活は女性だけの問題にあらず! 男性不妊の原因や検査を知る
[11:00 6/29] ヘルスケア
家族の夏のおでかけに使える無印良品のオススメグッズ5選
[11:00 6/29] ライフスタイル
デル、2U4ソケットサーバの第13世代「Dell PowerEdge R830」を提供開始
[10:58 6/29] 企業IT
【特別企画】ピアノの先生も興味津々! - カシオの電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」
[10:52 6/29] 家電
Google、2016年上半期検索ランキングを発表
[10:38 6/29] 企業IT